らくらく操体サロン えがお

疲れているのは、体ですか?心ですか?腰痛・関節痛からうつや自律神経系失調症まで体と心のコリをほぐす仙台市にある操体法とEFTのサロンです。サロンの詳細はこちらのHPをご覧ください。【http://www.rakurakuegao.com/】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これから

昨日「あっ!明日だった。」と気が付きました。
いつもなら指折り数えてる郷ひろみさんのコンサート。
そして、冷蔵庫から松茸を発見し、そのノリで夫の大好きな
松茸ご飯の準備をしました。

今朝仕事に行く前に、松茸ご飯で大満足の夫が、
「コンサート、楽しんできてね」と。

今年は、キラキラの衣装で登場のひろみさん。
あの年齢で、あの衣装を着こなせるのは、ひろみさんだけかも。
さすがです。
と思いきや、なんと次に歌う曲のタイトルをど忘れ。

そんなひろみさんに、心から思いました。
「おがまいねぐ」

そう。
ひろみさんがタイトルを忘れたことを、忘れてしまうお年頃
のファンですから…わたし。

60代になることに向けて、自分のキャパを越えた向こう側に
変化があり、そこには、必ず進化がある。

50代も後半のひろみさんの意気込み。

私にとって、5年半続けた今のサロンの仕事は、とっても楽しい
し、あれこれ模索し、他にはない、私だけの仕事スタイルを何と
安定させつつありました。

だからこそ今、サロンを閉めて、自分にしか出来ない仕事、自分
だからできる仕事を、また新たに始めようとすることに、臆病に
なっていました。

30年以上すみ慣れた仙台を、そして地元宮城を離れたくは
ないってこんなに強く思う自分にもビックリしたりして。

これまでの人生、やってみたいことがたくさんあって、違う環境で
新しい事に挑戦し変化することは、不安でなく、むしろワクワクし
たのしかったはずなのに。

もう若くないんだな。
50過ぎてからはさすがにきついなあなんて思ってました。

でも曲のタイトルを忘れて、笑い飛ばしちゃうチャーミングな老
化?の否めないひろみさんが、自分のキャパの向こう側にある変
化と進化に向かおうとしてるんだもん。
また前に進んでみようかななんて勇気と希望をもらった気がします。

うちに帰って、
「あしたは、筋肉痛だな。」と言う私に、
「大丈夫だよ。あしたは。筋肉痛が起こる頃には、コンサートに
行ったことも忘れてるから。」と夫。

こうして私の幸せな一日が終わりました。



スポンサーサイト

ピンチをチャンスに!

「ええ〜!ここに来れなくなったら、どうすればいいんですか?!」

10月末でサロンを閉め、引っ越すことを、お話すると、ほとんどの
お客様が、そうおっしゃいます。

本当に申し訳ありません。

でも、だからこそ次はどこに通えばいいかではなく、自分の体の不具
合いを、自分でなんとかする方法を真剣に覚えるチャンスです!!

せっかく私と出会い、操体法と出会ったのですから。

お客様にそうお伝えしています。

今まで定期的に通っていただいているお客様は、かなり勘がよく自分の
体の感覚を聞き分けることができるし、その都度お伝えしてきているの
で、殆どまだコツがつかめていないところをちょっとお伝えするくらい
です。

ここ数日は、ほとんど私は、直接触れず、動きの説明のみ。
私が動かしているのは、心と口だけ。

ところが…

「今までのなかで、一番スッキリしました。」
「こんなに楽になったのは、初めてです!」

あれれ?!

お互い思っていた以上の変化に、毎回びっくりしています。

喜ぶべきか、悲しむべきか。
複雑な思いです。

でも、まさにピンチはチャンス!!

これでお客様が、セルフケアに自信を持ち、さらに、ご家族にも
使って頂ければ、スーパーエコです。
自分の体に優しく、家計に優しければ、私もうれしいです。

お客様との出会いが、お互いに心豊かなるものでありますように。

お引っ越し

「私は、仙台が大好きなんだけどな〜」
と、私。
「仙台は、寒い!」
と、仙台出身の夫。

ここ数年そんな会話を繰り返し、とうとう夫の退職とともに
11月に神奈川に引っ越すこととなりました。

いざ決まってみると、更に思うのは、サロンのこと。
たくさんのお客様との大切な出会いと感謝。
そして......ここでまだ続けていたいという思い。
大きなものをなくしてしまうような喪失感。

この気持ち。
前もこんなことが。
ふと思い出しました。

一人目の子供を妊娠し、流産しそうになったので、お腹の中
の小さな命を守るため、大好きだった看護師の仕事を辞めま
した。

そうする事に迷いはなく、それが必要だという事も頭では、
よくわかっているのに、なんだかんか無性に悲しくて涙が出
ました。

サロンの営業は、10月末までとなります。

引越しが決まってからは、以前よりさらに熱心に、お客様の
ライフスタイルと症状にあった簡単で、続けられそうな操法
をお伝えしています。
精一杯の感謝の思いを込めて。







考え方のくせと痛み

今日は、日中暑くて、ぐったりしているモルモットちゃん
たちをシャンプーし、ついでに爪切りをしました。

抱っこされ気持ち良さそうに、爪切りされてるモルモット
ちゃんのなんと可愛いこと!!


さて今日は、「もっと、もっと」という考え方について。

操体法の創始者、橋本敬三先生は、「いばるな、欲張るな、
頑張りすぎるな。」と、その書の中でおっしゃっています。

そして「60点で合格。間に合えばいい。」と。

でも患者さんも、施術者も、ついつい100点を目指してしま
いがち。

例えば、症状がひとつ消えても、その事に感情を向けようと
せず、どうですか?と聞くと、あれこれ動いて、
「ここが痛い」と延々と痛い所探しを始める方。
この場合は、言われるままその痛みの訴えにお付き合いして
いるときりがありません。

大切なのは、痛かった場所が痛くなくなった事実を、はっきり
とまずは、認識すること。

「間に合えばいい」程度を知らないと、痛みにばかり意識が行
ってしまいます。

日常生活においても、欲張ってばかりいると、今しか感じること
のできない幸せに、気付けないでしまいます。

足りるという事を知らなければ、幸せは、いつも先延ばしになっ
ってしまいます。

痛みには、いろんな意味があります。
時に痛みで、気付かされる事も。

間に合えばいいのは、どの程度?

完璧に、いつも100点ばかりじゃ、人生疲れちゃいますよ。
あなたも、あなたの周りの人も。

適当につめ切りして、(まあいいか^_^ モルちゃん達、文句
いわないし。)と、あまり上手に切れなくても、大満足の私。

間に合えばいい。







 | HOME | 

プロフィール

えがお

Author:えがお
らくらく操体サロンえがおです。
体や心の痛みから解放され、心からの笑顔に変わっていく瞬間が大好きです。
そんな本当の笑顔に出会いたくて、サロンを始めました。
すべての人の中に、よい状態に戻ろうとする力があります。
それを独自のほんわか操体とEFTでお手伝いしています。  

カテゴリー

FC2カウンター

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。