らくらく操体サロン えがお

疲れているのは、体ですか?心ですか?腰痛・関節痛からうつや自律神経系失調症まで体と心のコリをほぐす仙台市にある操体法とEFTのサロンです。サロンの詳細はこちらのHPをご覧ください。【http://www.rakurakuegao.com/】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年

今日で、色々な事がありすぎた2011年が終わります。

長男の成人式。
何となくほっとしていたのもつかの間。
1月23日。
22歳の長女が危篤との連絡があり、そこから絶望と不安の
日々が始まりました。
もって余命2週間。
いつ心停止してもおかしくないとの医師の言葉。

泣くことも、叫ぶこともできず、ただいつものように笑い
いつものように語りかけ。
ただそばに付き添い、時をともに過ごすことしかできず。
悲しみは、深ければ深いほど胸の奥でそっと冷たすぎる涙が
流れ、それは言葉にすれば自分が壊れそうで。

我が子の死への恐怖と、なぜ自分が夢を奪われなければなら
ないのかという大きな怒り。
母親として一番近くにいてもかわってあげれないジレンマ。

残り少ない命なら、どうすることが一番悔いのない生き方なの
だろうか?

不安を抱え、身守ることの切なさ。

悔いのない一日って何だろう。

病気の予後に希望を見出せない真っ暗な思いの中、それでも
今日一日、今日一日と命をつなげたことへの日々の感謝。

そしてやっと退院し、どうにか仙台に連れもどり10日後。
どうしても卒業する大学の仲間たちに会いたいというので、
決死の覚悟で新幹線で横浜に行った翌日。
3・11。
2泊で帰るはずだった仙台へ戻ることができなくなりました。

4月末にやっよのことで戻った仙台。
幸い我が家の被害は、それほど大きくもなく、久しぶりに帰っ
た私たちを、庭の桜が、まるで何事もなかったように、きれい
に咲き誇り、私たちを迎えてくれました。
でもいつも車で買い物に行っていた辺りの景色は、胸が締め付
けられるほど全く変わっていました。
どんなに多くの方の涙がこの震災で流されたことでしょう。
どんなに多くの方の未来がこの震災で失われた事でしょう。

一時は、介護に専念しようとサロンを辞めようと思いました。
でもお客さんからのたくさんのメールや、お便りを頂戴し、な
んとか6月から少しずつサロンの営業が再開できました。

未曾有の災害。

あちこちに『がんばろう』の文字があふれる中、がんばらずに
ありのままに今をただ精一杯生きれたらいいなあと思う1年で
した。

そしてこの12月。
余命2週間と言われた子の、検査データがほぼ正常になったと
のこと。

まさにそれは奇跡です。


どんなに辛いことがあっても、それでも人は、死ぬまで生きて
行くのです。

だからこそかけがえのない今が愛おしく思えます。

幸せは探し求めるものではなく、そこにあることに気付くこと
なのかもしれません。

今こうして生きていること。
今こうして笑えること。

自分ひとりじゃない。
大切に思う誰かがいること。
大切にしたい思い出があること。
ありがとうって誰かに言えること。
ありがとうって誰かが微笑んでくれること。
一緒に泣けること。
そしてただ呼吸をしてそこにいてくれることさえ。

本当にたくさんの方に支えて頂いた1年でした。
お客様の笑顔が、どんなに私のエネルギーになったことか!!

来年も、サロンにいらしたお客様、講義を聴講してくださる皆さん、
セミナーにいらしてくださる方々が、笑顔の多い日々を送って頂ける
よう進化していく自分であり続けたいと思います。

皆さんの来年が、素敵な年になりますように。

心からありがとう。


スポンサーサイト

顎関節症が楽に!!

今から15年ほど前、自転車の前輪に前に乗せていた子供の足がはさまり
自転車が1回転して、私は宙を舞い路上に倒れました。

腕の骨折と頸椎捻挫、顔が切れて数針縫い、入院しました。
数日後むいてもらったリンゴを食べようとしたら、なぜか口に入らず、口
がほとんど開いていないことに気が付きました。

顎関節症。

入院中の病院の先生が、麻酔して徒手整復をしようと提案して下さったの
ですが、なんとなく怖かったのでお断りしました。
結局自分であれこれ操体法を使ってみて、自分でもとに戻しました。

食べたいものがうまく食べれないし、変な音がするし・・・。
顎関節症も日常生活をするうえで結構不便でした。

うちのサロンにいらっしゃるお客様にも顎関節症で日頃お悩みの方は少な
くありません。
ただ初回、症状のお話を伺うと、なぜかその時に訴える方は殆どいません。
たいていの方は、施術中
「先生、そういえば実はずっとまえから顎関節症で・・・」というのが通常
です。

でも全身のバランスを整え、ほんの数十秒簡単なあることをするだけで、劇
的に変化します。

大きい口を開け「あ・ああ~~あいてる~~~」って。

大きい口を開け笑ったり、食べたり、歌ったり。

それって心身の健康にいいですよね!!

ほんのついでにちょこっとなので、気になる方は、お声掛けくださいね。

特発性難聴

先日、特発性難聴でサロンにいらしたお客様。

病院に行ってお薬を飲んでも、なかなか良くならない
とのことでしたが、施術中から楽になり、その後も今
まで通りふつうに聞えているとのこと。

サロンには、過去に5人ほど特発性難聴のお客様が
いらしゃいましたが、どの方も1回の施術で、楽に
なったと話されています。

体全体のバランスを整えていくことも大切ですが、特
発性難聴の場合は、発症した頃の心理状態を詳しく伺
うことにしています。

その時「聞きたくないこと」はなかったか?

その辺のところからメンタル面でのアプローチをさせて
頂いています。

聞いても大丈夫な自分に戻ること
ができればよい変化に繋がっていく。
それが今までお客様との関わりの中から教えて頂いた
突発性難聴の方の施術の私なりの極意です。

子育てママのための癒しセミナー開催!!

こんにちは。
来年1月にひとりでも多くの子育てママに素敵な笑顔に
なって頂くための無料セミナーを開催します。

前回の無料セミナーと同じメンバーで、たくさん笑いな
がら、セルフメンタルケアの簡単で効果的な方法をお伝
え致します。

そして今回も、前回大好評だった遠藤園子さんのギター
と優しい歌声が聴けます。
どうぞお楽しみに!!

先着20名様までですので、お早めにお申し込みください
ませ。

詳細は、以下を参照ください。  

『震災後の疲れた心と体にタッピング』
~震災後ずっと頑張り続けた子育て中のママ達へ
心と体をひと休みさせてみませんか?~

3・11の地震・津波、そしてその後の放射能への不安。
やり場のない不安や、イライラ、疲れで、ついついお子
様を叱っては、自己嫌悪。
そんな子育て真っ最中の頑張り屋のママ達が、素敵な笑
顔になって頂くためのセミナーです。
 
EFT(感情解放テクニック)は、感情のツボを自分でタッ
ピングしながら行う簡単で即効性のあるテクニックです。
 落ち着かない・疲れが取れない・不眠・恐怖・不安な
どのほか、身体的な症状にも変化が現れます。
 またタッピングタッチは、リラックス効果とともに、
不眠などの症状の改善がみられ、今回の震災後避難所で
実際に行われている様子などが、テレビ番組等でも、紹
介されました。

今回は、EFTとタッピングタッチを実際に体験して頂き、
さらには、ご自分で簡単にお使い頂けるようお伝えいた
します。
  

◆日時: EFTセミナー 平成24年1月14日(土) 
    13:30~15:30
◆場所: シエロ仙台ビル302号室 
    〒980-0014 仙台市青葉区本町1-5-31
      シエロ 仙台ビル3階
◆講師:
    杉山 百合俊
   (EFT-Japan公認インストラクター・スクールカウンセラー)
    鈴木 浩子
    (EFT-Japan公認インストラクター・看護師)
    遠藤 園子
    (仙台ホリスティックセラピ‐研究所主宰 音響療法家)
◆参加費:無料 
    (500mlのお水をご持参ください)
◆対象:被災地の子育て中のお母様 
◆参加定員:10名 お申込み先着順
◆お問い合わせ・お申し込み: ℡022-393-4136
       (らくらく操体サロンえがお) 
     メールアドレスrakurakuegao-sukkiri@yahoo.co.jp
◆個人セッション:セミナー終了後、同会場にて行います。
     1人30分3,000円 (お申し込み先着4名様限定)
     お申し込みの際に、個人セッションご希望の旨をお伝えください。
◆託児がありません。お子様連れでの参加は、ご遠慮ください。     
     
       協賛:NPO法人 心の救急箱

モルモットの赤ちゃん誕生!!

モルモットの赤ちゃん


モルモットの赤ちゃんが生まれて1週間。
すくすくと育っています。
3匹並んで一緒に行動する姿が、かわいい!!

「ぴゅ、ぴゅ、ぴゅ、ぴゅーーー」
赤ちゃん同士でお話しながら遊んでます。

3か月前に生まれた子たちを含め我が家は、只今6匹のモルモット。
1カ月したら、大事に育ててくださる方に差し上げたいのですが。

サロンにいらしたとき、喜んでプレゼントさせて頂きますので、
欲しい方は、是非ご予約時にお申し出くださいね。

O脚矯正

「腰の痛みは、どうですか?」
「もう大丈夫です。O脚でスカートをはくのが嫌だったんですけど、
なんだかO脚もよくなったみたいで。」

腰痛や肩こりでいらしたお客様が、なぜかO脚だった脚まで、スッキ
リ!!なんてことはよくあります。


全身のバランスを整えていくなかで、思いがけない変化があります。

「わ~!!目が大きくなった!!」
「目がスッキリ!!」
「ウエストがくびれた!!」

操体法を施術の中心に、サロンを始めた当初は、お客様の痛みや苦痛
をなんとかしたいと考えていました。
そこには、結果を出すことへのこだわりがありました。
でもすぐに気が付きました。
『治す』事を意識しすぎると、痛いという場所にばかり意識が行ってし
まい、私自身の感覚が鈍ってしまうことに。

『治す』仕事ではなく、体の声を聞きながら、健康な状態に戻ろうとす
るお客様の力を引き出すだけの仕事と捉えると、肩の力が抜けました。
症状が改善したり、思いもよらない素敵な変化を起こす力は、すべてお
客様自身の中にあるので、ただそのスイッチを探し、手を添えるだけで
いいのです。

「すご~い!!魔法みたい。」
はじめてサロンにいらっしゃる方のほとんどが驚きますが、すごいのは
私なんかではなく、お客様自身の歪みをリセットしようとする原始感覚
なのです。

ただただ「気持ちがいい」っていうただそれだけの簡単な原始感覚。
幼稚園児でも、90代の方でも誰にでもわかるその感覚こそが、腰痛のみ
ならず、猫背も関節痛も、O脚も、X脚も・・・特発性難聴も蓄膿症も
眼のかすみや、手足のしびれや便秘の改善、さらには小顔矯正にもつな
がる魔法の特効薬みたいなものなのです。

うちのサロンに0脚矯正目的のみでいらっしゃる方は、ひとりもいませ
んが、1~2回の施術で、気が付いたらご自分の思いもよらない脚の変
化にびっくりされる方は、たくさんいます。
そんなところが、仕事をしていて楽しいなあって思うところです。

 | HOME | 

プロフィール

えがお

Author:えがお
らくらく操体サロンえがおです。
体や心の痛みから解放され、心からの笑顔に変わっていく瞬間が大好きです。
そんな本当の笑顔に出会いたくて、サロンを始めました。
すべての人の中に、よい状態に戻ろうとする力があります。
それを独自のほんわか操体とEFTでお手伝いしています。  

カテゴリー

FC2カウンター

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。