らくらく操体サロン えがお

疲れているのは、体ですか?心ですか?腰痛・関節痛からうつや自律神経系失調症まで体と心のコリをほぐす仙台市にある操体法とEFTのサロンです。サロンの詳細はこちらのHPをご覧ください。【http://www.rakurakuegao.com/】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもイライラしている~心の底から求めていた言葉~

昨日EFTのセッションを受けにいらしたお客様。
「いつもイライラしているんです」と。
いろんなヒーリングセラピーや心理療法を試されて来たそうです。
それでもどうしても自分の心の奥に、セラピストの言葉が届かず、どこか
ちがうと感じて来たそうです。

昨日初めてEFTのセッションを受けられ、
「やっと自分が本当に言ってほしかった言葉がきけました。」と涙されまし
た。

「どこに行っても、誰も私にそう言ってはくれませんでした。
でも今そう言ってもらった時、私が本当に心の底から求めていた言葉がそ
れだったんだと気が付きました。
たったそれだけ。その一言を誰かに行ってほしかったんだと思います。」

長い長い間自分の心を閉じ込め、それでも傷つき、孤独で、絶望感にさいな
まれ、神をも恨みながら、本当に求めていた言葉。

それは、

「がんばったね。」

セッション後、分厚い心の鎧を脱ぎ捨て、やっと自分を認め、ありのままの自
分を好きになることができたと、本当に素敵な笑顔で話されました。

自分自身のこれまで生きてきた人生に対しても、素直に自分に「がんばったね。」
って言える喜びも。

廻りくどい言葉でもなく、今は「愛してる」っていう遠く感じる言葉でもなくもっ
ともっと心に近い言葉。

EFTのセッションをしているときも、体の施術をしながら話しているときもよく
お客さまから、よく不思議がられ、質問されます。

「どうしてその言葉が、出てきたんですか?
誰にも言わなかったし、もしかしたら自分でも気がつかないで、出せずにいたのに。
どうしてわかってしまうんですか?」

その答えはきっと私にではなく、その方ご自身にあるのだと思います。
どこかで必死に伝えようとしていた心の声。
ただその心の底から求めていた言葉が、そして思いが私に届いただけのこと。

きっと心は、言葉よりも明確な波動として、届く人にはちゃんと届くのかも知れませ
んね。






スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

えがお

Author:えがお
らくらく操体サロンえがおです。
体や心の痛みから解放され、心からの笑顔に変わっていく瞬間が大好きです。
そんな本当の笑顔に出会いたくて、サロンを始めました。
すべての人の中に、よい状態に戻ろうとする力があります。
それを独自のほんわか操体とEFTでお手伝いしています。  

カテゴリー

FC2カウンター

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。