らくらく操体サロン えがお

疲れているのは、体ですか?心ですか?腰痛・関節痛からうつや自律神経系失調症まで体と心のコリをほぐす仙台市にある操体法とEFTのサロンです。サロンの詳細はこちらのHPをご覧ください。【http://www.rakurakuegao.com/】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒りの方向

誰かに、または何かに腹が立つこと。
多くの人は、結構そんな思いがあります。

でもよーく心の声を聞いてみると、その怒りは、思い通りには
行かない自分自身への怒りだったことに気付く事が、EFTのセッ
ションをしているとよくあります。

他人に対しては許せることも、完璧主義の人ほど自分に対しては
許せないようです。
そして他人が認めてくれない事に怒りを感じます。

本当は、誰よりも自分に自分を許してほしいし、自分に自分をほ
めて、認めてほしいのです。

自分の思い通りに行かない自分自身を、認め受け入れ、許す事が
できると、誰かに対する怒りも、許せるようです。

自分自身を信じるより、他人を信じることの方が、結構楽なのか
もしれませんね。
スポンサーサイト

かたくりの花

カタクリの花2010春
今日は、久しぶりにお庭の草取りをしました。
そして見つけました。
黄色のカタクリの花が、とっても可憐に咲いているのを。
去年出かけた時に、なんかとっても珍しくて、1本だけ買ってきて植えた
のですが、その存在すら忘れてたので、びっくりしました。

EFTイントロ講座

こんにちは。
外は風は冷たいもののいいお天気です。
お庭では、桜やたくさんのチューリップの花が風に揺れています。

昨日もいいお天気の中、桜が満開の中、仙台から山形に車でEFTイ
ントロ講座に。

会場の一階では、『お宝鑑定』?のテレビの収録があったらしく
私も(今日はプライスレスな心のお宝を探して持ちお帰ってもらお
う!!)とテンションが上がっていたのですが・・・。
パワーポイントが・・・使えない!!
私のパソコンと会場の器械の相性が悪いとか・・。
ええええ~~~~。
会場の方もあせっているようでしたが、結局(まっ。いいか~)
と、気分をすぐに切り替えセミナーに。

受講頂いた方、みなさんが、EFTでの変化を体験頂きホッとしました。

前回仙台で受講なさった方からも、2~3日後に、変化を実感できたと
のメールを頂きました。

まだまだ東北で、EFTの素晴らしさをお伝えするのは、難しいのかも知れ
ませんが、一回一回のセミナーでの出会いを大切にしながら、楽しくやっ
って行こうと思います。

次は、岩手と福島で開催しようと計画中です!

仙台と山形も夏には、またと考えています。

もしもどこかでお目にかかる機会がありましたらよろしくお願いしま~す!!

福祉への思い

こんにちは。

4月17日。仙台は朝からの雪。
まだタイヤ交換していなかった私はよかったけれども、EFTイントロ講座受講の
方は、大変だった事と思いますが、おかげさまで、涙と笑いとのなかで、仙台
からの1回目を始めることができました。
受講してくださった皆様との出会いに感謝です。


そして19日は、EFTモードから一気に介護モードに切り替えオープン前のデイサ
ービスの職員研修で、講義をさせて頂きました。

午前は『利用者様への尊厳を具現化するための介護のコミュニケーションのあり方』
午後は『お互いに快い快互のためのテクニック』

今までありそうでなかったユニークな講義内容を企画し、私自身もワクワクしながら
楽しくお話させていただきました。

うちの父も認知症で、介護を受けています。
『自分の親も、自分の働いているような施設で介護を受けさせたい』と誇れる介護職の
方が、今どの位いるでしょうか?

介護の現場は、高齢者の方が、自分らしく生き生きと楽しく日々を過ごしてい頂けるよ
うな理想と大きく違っている事が、実際はたくさんあります。

それでも厳しい労働条件のなかでも、『ありがとう』って言っていただけるのがうれし
くて、ありがたくて、介護の仕事を続けている方もたくさんいます。

この日も、介護技術の実技中に「わ~楽しい!!」って、職員さん。
「そう、コツさえつかめば、本当に介護は楽しいんです!!」
介護が楽しい!って思って頂けるのが、私も一番うれしいです。


私は、『自立』という介護目標が、どうも嫌いです。
日本の福祉の世界では、障害者にも、高齢者にも『自立』を求めたがります。
その言葉の裏側にある『依存』されることへの、社会のあまり温かいとは言い難い感情
もあるように思えて仕方がないのです。
私がもし年をとって、体が思うように動かなくなり、『自立』しがたく介護が必要とな
った時、ほしいのは、それでも自分にとって安心してそこにいることのできる居場所で
す。
それは、それでも『共存』を許され、受け入れられる社会です。

高齢の方が、「ここにいると安心。ここに私の居場所がある。」そう思って頂けるよう
なコミュニケーションのあり方や技術をお伝えし、介護の仕事は、本当は楽しいもの・
素晴らしいんだと職業に誇りを持って頂きたいという思いを込めて、いつもお話しさせ
ていただいています。

今の私にとって、それは、年をとっても、安心して自分らしく大切な人たちと『共存』
・・ともに生きる事ができる社会づくりのために、私ができる小さな一歩と信じて。

EFTイントロダクトリー講座お申し込み状況

こんばんは。
サロンの庭も、かなり色とりどりのお花たちで彩られ始めました。
でもまだタイヤ交換を済ませていない私です。

さて今週末の17日仙台・25日山形と行われるEFTイントロダクトリー
講座ですが、仙台・山形ともにまだ定員に余裕がございます。

仙台は若干名です。

自分の心に向き合いたいとか、ネガティブな思考パターンを手放したい
方は、是非いらしてくださいませ。

自分の心を受け止め、嫌な感情を手放し、自分の望む未来を引き寄せる
ための簡単なテクニックを、しっかりと身につけてみませんか。
そこから望む未来が訪れることを信じて。

お申し込みはhttp://www.eft-japan.com/introcourse.htmlから。

サロンの方に直接お電話でお問い合わせいただいても結構です。

年内の仙台・山形でのセミナーは、現時点では未定です。
興味のある方は、どうぞこの機会に。

いつかもっと教育の現場にもEFTが広まって、まず職員室が元気に。
そして子供達も、みんなが自分らしくのびのびと学校で過ごせるように
なると、いいなあって思っています。

医療の現場でも、病気の『病』の中の『気』の部分をEFTで楽にして差上
げられれば、何気ない日常のコミュニケーションも、たった数分で変化
し、かなり意味深い時間になるのになあって、夢見ています。

育児に悩むお母さんたちも、厳しい環境の社会人の方たちも。
介護に疲れたご家族も・・・。
心がスッキリと、素敵な笑顔が戻ってくるように。

そんな私の夢をのせて、私の中のちっちゃな第一歩。

セミナー会場での、出会いを今から楽しみにしています!

看取りの心

今日介護の仕事をなさっている方が、お客様でいらした。
どんなきっかけだったか、ターミナルケアの話題に。

ナースとして病棟で働いていた時に、よく思ったのだが、
長くナースをしていても、亡くなる場面にあたらない人は
いつまでもあたらない。

そういうナースって結構患者さんから好かれていないのが
特徴だったりする。

「人間やっぱり死ぬ時ぐらいいや~な人に看取られて死に
たくはないものね。」

と、そのお客様が、
「亡くなりそうな時になると、自分の勤務の時にあたらなき
ゃいいっていう人がいるけど、それは違うと思う。
その方の大切な人生の最期に立ち会わせていただくことを許
されたんだから、有難いと思わなくっちゃって、若い人に言
ってあげてるの。」と。

自らが大病を患い、「小さい子供二人を残して死ねない!!」
と奇跡敵に一命を取り留め、誰かのために働きたいと始めた
介護の仕事。
そんな彼女の生死に関する思いの深さを改めて感じ、本当に
そうだなあ~って思う私でした。

何もしない事の力

「な~にもしてないのになんで~?!おかしい!!頭がスッキリ!!」

特に何も使わず、何もされている感覚もないのに、体は「気持ちいい!!」
を自覚し、自分も何も動いていないのに、いっぱいだった頭の中が、まるで
ほうきで、余計な思考を掃きだしたようにすっきり!!

自分で治そうとする自然の力に逆らわず、ただほんの少し力を引き出すスイッ
チを押しているだけ。
「何もしない」からこそ引き出せるんだと思います。
何もしていないようで、実はかなりリラックスしながら、一つ一つの細胞が
元気を取り戻しているのです。

先日、学習塾の先生が続けてお二人いらっしゃいました。
塾を掛け持ちして、疲れているひとりの塾生に、「ここにいる時間は、自分の
したい勉強をしてごらん」と言ったそうです。
そしたらほとんど何もしていないのに成績がめきめき伸びて行ったとのこと。
お二人目にいらした学習塾の先生にその話をお伝えしたら、「できる子は、
こちらで指示しなくてもどんどん先に進んでいくからね~」と。

操体法も同じです。
違っているのは・・・いえ、違ってはいないと思うのですが、すべての人が
「できる子」なのです。
体の声に耳を傾けながら、「できる」ことに気付き、そこを気持ちよく伸ばす。
心と体の蘇生のスイッチが、そこに隠れているのです。

えがおでの施術は、なにげないお話にはじまり、施術そのものもほとんどが1時
間以上かかります。
その時間は、からだそのもののゆがみの修正というよりは、自分という存在の素
晴らしさを受け入れるための貴重な時間と考えています。
体をほぐすより、まず心をほぐすこと。
自分の体に備わっている思いもしなかった力を自然に受け入れた時、ほとんどの
お客さんが、こう言います。
「何もしてないのに」って。

「えがおさんに行ってから、自分の生き方が変わりました。」
「今までより、楽に考えられるようになりました。」
「1年前にえがおさんに行き、気がついたら、あの時こうなりたいって言った通り
に気がついたらなっていました。」
などなど、うれしい報告やら、感謝のことばを頂戴するのですが、それは、私の
力なんかではありません。
私は、ただのきっかけに過ぎません。

変わる力、自分の望む未来を早く引き寄せる力を、実はその方たちが、それぞれに
持っていたのです。

だけどそんなきっかけになれることに、大きな喜びを感じる私です。



 | HOME | 

プロフィール

えがお

Author:えがお
らくらく操体サロンえがおです。
体や心の痛みから解放され、心からの笑顔に変わっていく瞬間が大好きです。
そんな本当の笑顔に出会いたくて、サロンを始めました。
すべての人の中に、よい状態に戻ろうとする力があります。
それを独自のほんわか操体とEFTでお手伝いしています。  

カテゴリー

FC2カウンター

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。