らくらく操体サロン えがお

疲れているのは、体ですか?心ですか?腰痛・関節痛からうつや自律神経系失調症まで体と心のコリをほぐす仙台市にある操体法とEFTのサロンです。サロンの詳細はこちらのHPをご覧ください。【http://www.rakurakuegao.com/】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親の介護・快互にありがとう!!

こんばんは。
まだ寒い2月。
先週末仙台は、朝から雪が積もり、朝からせっせと雪かきをしました。
なのに・・・やっと終わった時、雪は雨に変わりました。
なんだかがっかり・・・。
雪だるま、作りたかったな。

翌日、また朝から雪の降る仙台から熱海に行きました。
鮮やかに咲いた紅梅に、うぐいすが一羽戯れている情景に感動!!
「うぐいすってホントにうぐいす色なんだね。」
「ホント、うぐいす色だね。」
何せ、こんなまじかでうぐいすを見るのは初めてで、妙な会話の私たち夫婦。
まるで自分を一番美しく見せる場所を知っているような鶯の姿でした。

そして今週は、仕事をお休みして実家で過ごしました。
今まで仕事の忙しさにかこつけて、認知症の父の介護を母に任せきりにしてい
たので、数日泊まるのは、久しぶりです。

2年前、認知症と診断されて間もない父に「今何か嫌なことある?」と聞いたら
「みんなに、ボケてるって言われて、ボケ扱いされること。」とポツリ。
「お父さん、今何してる時が楽しいの?」
「う~ん。庭をここから眺めてるときかな~。」
そんなことを言っていた父。
認知症になっても温和なままの父。

若いころから趣味で集めていた庭石があちこちに置かれている、手入れの行き届
いた自慢の庭は、雪景色。
コタツで、ごろんと横たわり、今の障子越しに、庭を眺め、いつしか寝息を立ててい
る父のおなかの上で、猫が丸まってすやすやと。
今父は、きっと幸せなのかも知れないと、ふと思いました。
なぜって、そんな景色を見ている私は、とっても幸せ気分を父からもらえたから。

何を作っても聞けば、「おいしい」と答え、おいしそうに食べる父。
『親孝行したいときには、親はなし』って言うけど、親孝行ができるときに、親がいて
くれるありがたさを、しみじみと思いました。

そんな中、両親の部屋の掃除をしていたら、私の小学校の頃の作文が出て来ました。
薄茶色になった原稿用紙には『私のお父さん』という題で、日常の親子の会話が、あり
のままに書かれていました。
まるでタイムスリップしたような懐かしさ。
母と二人で読んで大笑い。

日頃の介護疲れで、あまり笑わなくなった母とも、たくさん話をし、たくさん笑いました。
笑っているうちに、母も、ほんの少し心にゆとりを取り戻したようでした。
介護がお互いに快い快互になるためには、お互い心にゆとりが必要なのかも。

笑いは心の栄養剤だなあって、つくづく思いました。

介護疲れの母に少しでも、心と体を休めて欲しくて、そして父の介護がしたくて帰った
実家で、一番癒されたのは、私だったのかも知れません。

ケアという言葉には(関わり合いを通してお互いに成長する)という意味もあるそうです
が、本当にそうなんですね。

実家の栗駒には、まだまだ春が来そうになかったけど、熱海で見たあのうぐいすと紅
梅の風景、父にも見せたかったな~。







スポンサーサイト

うちの犬

昨日はうちの犬のあかりの誕生日でした。
今年で10歳になります。
あかりのおじいさんは、ドックフードの袋のモデルにもなっている柴犬なのだそうです。
えがおの犬
とってもおっとりしていて、宅配便のお兄さんが「あの~。お宅のワンちゃん死んでますよ。」
といつものように昼寝をしているあかりをみて慌てて知らせてくれたこともあります。
飼い主の私でさえ、よくそう思うのですから仕方ありません。

結構食にこだわりがあるらしく、爆睡しているようにしていても「チ~ズ」というフレ~ズだけには
敏感に反応します。
嫌いなドックフードの時は、いつも庭に遊びに来る鳥たちに餌を分け与えています。
鳥たちが餌箱から自分の餌を食べるのを、横眼でちらりと見てまたウトウトしています。

「あかりちゃんが吠えたの見たことない。」
「そうなの。うちのあかりは、よっぽど人相の悪い人にしかほえないから。」
近所の奥さんとそんな立ち話をしていたら、突然その奥さんを見て吠えだして、冷や汗をかいた
ことがありました。
あまりにもタイミングが・・・・・。
「ええ~。私そんなに人相悪い?」と聞かれ恐縮しました。
そう、あかりはちょっといじわるです。

時々近所の子供たちが「あかりちゃんと散歩してきていい?」と散歩に連れていってくれます。
犬のしつけにうるさい長女が散歩させようとすると、死んだふりか、石になったふりをして、絶対
動こうとしないのに、近所の子供たちに誘われるとしぶしぶ出かけて行きます。
そして思いっきりわがままに動いては、子供たちを困らせます。

娘と散歩に行く時は、少しでも娘より前に出ると叱られるので、娘の足もとばかり見て歩き、電
信柱や、障害物によくぶつかります。
とっても緊張した表情のあかりは、娘との散歩のとき限定。


大嫌いなのがシャンプーとブラッシング。
まるで虐待されたように鳴いて大暴れします。

よく隙をみて脱走しては、割と遠くに行ってしまいます。
必死に追いかけると、楽しそうに振り向きながら逃げて行きます。
でも疲れ果てて家に帰り、しばらくすると、いつも見知らぬ方が、
「あかりちゃんうちに来てましたよ。」と抱っこして連れてきてくれます。
なぜ私の知らない方たちが、あかりを知っているのか、いまだに疑問です。

そんな不思議なあかりですが、なぜかとっても癒されます。

いつも独り言を言っているあかり。
えがおにいらした際は、ぜひあかりの長~い独り言を笑ってやってください。




操体気分

さっき操体法の講習会から帰って来ました。
今日は、いつもの仙台市青年文化センタ~ではなく、都合により141の上の和室が会場でした。
ゆうべスカパーで大好きなリュ・シウォンの特集を3時間をやっていて、夜遅くまでうっとりとみてい
たので、朝からすでに気分は上々。
目ざめすっきりで、せわしなく朝食をすませ、知り合いの車に乗せてもらい運転免許の更新に行き
ました。
何せはじめての更新で、もうすぐ50代が近付いているというのに、ちょっと大人になったって感じ。

そしてそのまま昼食なしで講習会に参加しました。
17分の遅刻です。
新しい方もいらしていましたが、すでに脇会い愛?わきあいあいムード。
早速今先生から、楽しみにしていた操体医学研究所主催の操体講習会修了書を頂きました。
今日で12回目。
途中仕事の都合で参加できず、2年かかりました。
今回から修了書が、和紙に毛筆で今先生が書いてくださり、もう1枚『笑』が5つ書かれたものも
頂き、師匠の心の温もりを感じとってもありがたかったです。

もうすぐ開業して1年。
またここからが新たなスタートです。

いつものように講習会の後の賑やかな、そして深みのある反省会で、マーシー・シャイモフさんの
『脳にいいことだけをやりなさい』の中に書かれている今の脳の幸せ度のテストをみんなでしました。
いや~さすがに操体大好き仲間!!
とっても幸せ度が高いんです。
この幸せを幸せと感じる快感覚。
これが操体の究極の目指すところなのかもしれません。
今先生が伝えてくださっていることも、きっとそんなことなのかも知れないなってふと思いました。
(まあみんないいくらい、おいしいお酒でしあわせになってなのもあるかもしれないけど・・・)

不快があるから快があり、そして今あることがとってもしあわせ
そんな操対気分の今日なのでした。

夢でもEFT

私はよく夢を見ます。
内容をはっきり覚えていることがよくあり、続きものだったり。
何度も同じ夢を見たりするので、夢の中の家の間取りがよくわかったりします。
そして・・・怖い夢も、いい夢のシ~ンもはず~っと覚えています。
だから、はじめての場所でも、初対面の人でも夢で何度か訪れたり、会ったりしている
ので妙に懐かしかったりします。

その日の気分は、結構見た夢に左右されたりします。

そんな私が朝方に見た夢は。
どうしても手放せなかった大きなネガティブな思い。
頭で考えようとしてもよくわからなかったその思いの根っこの部分。
その部分が何だったのか、夢の中の私は、す~っと言葉にしてEFTをしていました。
どうしても許せなかった自分自身への思い。
夢の中で「ああ、もう許そう。」って自分に語りかけていました。

朝目覚めると、なんかとってもスッキリ!!

自分自身に「なぜ?」と問いかけ、考えてもなかなか言葉にすることのできない思い。
実はうすうす知っていても、言葉にするのが怖くて、気付こうとしなかったのかも知れま
せん。

自分自身を自分で許す。
つらい思いを手放す。

人間は自分の中に、問題を解決する鍵を隠し持っているんだと改めて思いました。




アトピーはなぜ改善したのか?

こんばんは。
EFTのセミナーの後、ひとりEFTにはまっている私です。
自分の内面の変化が、かなりよくわかり『なるほど~』といちいち感心!!

ところで、先日知人の所で、似顔絵入りの名刺を作ってもらうことにしました。
出来上がった似顔絵を見たら、あんまりスッキリしていて誰だか自分でもわか
りません。
・・・・どこか似ているかも・・・・・?そう、20年前の私に。
でも、ふとひらめきました。
似顔絵を直してもらうより、私が似顔絵に近づけばいいんだと。
EFTで引き寄せたい未来・・・引き寄せてみようっと!!

話はさかのぼり、今年の1月4日。
以前からサロンの何人かのお客様から話をうかがっていた引受け気功のセミナーに参
加しました。
気功って私にとっては未知の世界です。
「うさんくさいでしょ。」と自ら話される藤谷先生。
なるほどうさんくさい。でも藤谷先生のお話は面白い!!
お話をうかがっていくうち、基本的な考え方、操体法でいう『息・食・動・想・環』
の部分がよく似ていること、そしてEFTの考え方にも根本的に似ているな~って感じ
ました。
「こうなったらいやだな~」と思えば思うほど、そういう未来が引き寄せられる。
「太りたくないな~と思えば思うほど太って行くでしょ」とは話された時、目が合っ
てしまい思わず、大きく大きくうなずいてしまいました。

結局は自己責任なのです。
いいことも悪いことも、今を引き寄せているのは、私自身なのです。
自分の考え方の癖だったり、思い込みが、いやな感情や出来事を引き寄せているので
す。

うちの子供が小さい時、アトピーで、お布団に入ると、血が出るほどポリポリ掻いて
いました。
毎晩毎晩「かゆ~い、ママかいて~!!」となかなか寝付けません。
ある晩、「ね~。アトピーでかゆいのもういやだよね。○○ちゃんはどうなりたい?」
そうきいてみました。
「あのね、もうかゆいのは今日でおしまいになりたい。」
「そう。そうだよね。じゃ今日でアトピーのかゆいかゆいさんにバイバイしようね。
○○ちゃんがバイバイすると、もうかゆいかゆいさんがいなくなるよ。」
「うん。アトピーのかゆいかゆいさん。ばいば~い

それは母の単なる思い付きでした。
なんとなくそう思ったから。
小児病棟でナースをしていた私がいう言葉じゃない気がするけど、ナースでなく母と
しての言葉。
そして翌日。
あんなにかゆがっていた娘が「ママ、何かおもしろいお話して」と。
かゆがる様子がありません。
それからずっと・・・。耳の付け根が切れて血を流すなんてことはなくなりました。
その時から、言葉や思い、意識の力ってすごいとさらに思うようになりました。
「あれほしいな~」と口にすると、思わぬところから届いたり、会いたいと思うと偶
然会えたり。

信じない人には、信じられないうさんくさいものかも知れないけど、人は、自分が思
っている以上に様々な力、エネルギーを内在してるのだと思います。
それをどう引き出すかが、よくわからないだけなのかも。

やじうまおばさんの私としては、引受気功もEFTもな~んかいいなあって思います。

EFT講習会で引き寄せたものは?

こんにちは。
昨日までの3日間仙台では初めて開催されたEFT-japanのSTEP1・2の講座を受
講してきました。
講師はEFT-japanの代表のブレンダさん。
昨年初めてブレンダさんとお話し、ふくよかなあったかい感じにホッとしました。
今回もまたお目にかかれるので、楽しみに会場に向かいました。
初日。
入ってすぐの空いていた席に座ろうとして隣を見ると・・・なんと操体法の師匠の今先
生!!なんかとっても嬉しくなりました。
やすらぎの杜さんや、2日目からは、栃木のパザパさんも加わってさらにホッ

この3日間で講習で、私が獲得したかったのは、心の奥にある悩みや苦しみの根っこ
を、どんなに難しい症例に対しても、確実に手放すことのできるツール。
できれば、私の中の根深い問題も・・・・。
なのに、講習会の初日、手放したい自分の問題を書かされ、まず戸惑いました。
とっさになかなか出てこない・・・・。たった二つなのに。
ふと気がつくと「う~ん・・・・」と何を書こうかお隣さんも悩んでいるご様子。
自分に向き合って、問題をさらさらとっさに書くのは難しい。

でも2日目になると案外迷わず、具体的にさらさら書ける自分にびっくり
自分の思いに対するたくさんの気づきがありました。
何が問題だったかにはっきり気が付いたとき、もう答えは出てきた感じでかなりホッとしま
した。
3日間のうち一番の大きな出会いは、気付かなかったたくさんの自分の思いとの出会い
でした

なんか心も晴れ晴れって感じの最終日。
せっかく集まった講習会の仲間達で、また近々集まることを約束し、会場を後にしました。

そして今日早速EFT実戦!!
たくさんの怒り、不安をかかえてサロンにいらしたお客様が、「もうどうでもいいことのよう
に思える。」と怒りや、不安を手放しスッキリし、身体症状も殆ど消失し、ホッとした表情
に変化しました。
『過去の出来事は変えられないが、その出来事についているながネガティブな思いは、
手放す事ができる。』
本当なんですね。

EFTはその方自身の力を引き出すためのツールです。
セラピューチックタッチも、操体法も同じ。
あくまで中心は、受ける人自身。
そんなところがとってもいいな~。
人の秘められた力ってすごいな~。
さらにそう感じる3日間の講座と今日の出来事でした。

ブレンダさん、そしてどこか私の大好きなリュ・シウォンに少しだけ似ている武田さん、出会
うべくして出会った講習会の仲間のみなさんに、感謝です。

EFT-japan

顔の歪みがスッキリ

昨日、近所の友人の家の庭にかわいらしく顔を
出したふきのとうを、たくさん摘んで来ました。

大好きなふきのとうの天ぷらと、ふきのとう味噌を
つくりました。
ほうれん草のおひたしに湯がいて、細かく刻んだふき
のとうをほんの少し混ぜ、今年初のふきのとう料理の
オンパレード。

ほろ苦い味と独特の香り。
春が来るって感じで、ワクワクするこの季節の我が家
の定番メニュー。

このワクワクする感じ。
いいですよね。

らくらく操体サロンえがおは、お客様の殆どが知り合い
の方のご紹介です。
ある程度どんなサロンかを事前に知っていらっしゃいま
すが、ご予約を頂いた時、いつも「ワクワクしていらして
ください。」とお願いしています。

自然治癒力を引き出す上で、「こう変わりたい。」という
思いが、一番大切だと思うからです。

先日いらした方は、体全体が右側に傾いていている方
でした。ご本人は、別の症状のことでいらしたのですが
ほほや、口角も明らかに右側に傾いているのも気にな
りました。

「今日は、顔の歪みも取って行きましょうね。」
そう話すと、もともと明るい彼女の顔が、さらに輝きまし
た。
「そういうゆがみもなおるんですか?」
彼女の心に「治る」っていう言葉がす~と入って行ったよ
うです。
私は治せません。
できるのは、自ら元に戻ろうとするのをお手伝いすること
だけ。
そういう会話だけでも既にさっきより口角が上にあがって
きていました。
人の思いの力はすごいんですね。
治るって自分で心から思った時から、体は変化を始める
んです。

いつものように、膝裏のコリを取るから始まって、ほとんど
のコリが消失したところで、最後に顔の2か所の圧痛点を
見つけ、気持ちのいい方に動いてもらい終了。
顔のゆがみも全身の歪みの中の一部分なのです。
顔そのものにかかった時間はほんの3分位。
そこだけをもとに戻そうとしても、原因が解決していなけれ
ばまたすぐ歪んでしまいます。

かくして「あ~らく~!すっきりした!!」の後、鏡に映った
ご自分の姿にびっくり!!
全身の傾きも、頬や口角も本来あるべき姿に戻り、心から
のえがおがキラリ!!

本当はワクワクして、サロンに足を運んで頂いた時から、ワ
クワクして期待した体や心の方向に向って、すでに変化は
始まっていたんですよね。

お寒い中を、遠くからわざわざ足を運んでくださるお客様方
に、日々感謝です。

今日はどんなお客様との出会いがあるんだろうと、日々ワ
クワクの私です。








がんが小さくなった理由

もう早いもので、2月。
我が家にとっては、誕生の月。
私も、子供たち2人も、犬のあかりもみんな2月生まれです。

そして今日は節分。
太巻きを食べる習慣がなかった我が家も、数年前から、食べることに
しました。
理由はおいしいから。
縁起がよさそうだから。
夕食の準備が楽だから。

でも夕食のときの、家族の会話は、大切なおかずのようなもの。
何もしゃべらずに食べるのは、かなりきつい!!
結局誰かが吹き出し話はじまる。
(ま・・・いいか。おいしかったし。)と毎年自分に言い聞かせる。
それが恒例になってしまっています。

そんな今日はとっても素敵な話をサロンにいらしたお客様から聞きまし
た。

昨年末に初めていらしたときから、およそ1か月。
その後,治療を開始する前の検査でなんと肺がんが半分以下の大きさに
なっていたというのです。

でもそれ以上に素晴らしいのは、病気との向き合い方が変わったこと。
いいえ。自分自身との関わり方が変わったこと。
自分の弱さを責めるのでなく、しっかりと認め、そんな自分も愛おしいと
感じるようになったこと。
がんは戦うべき相手ではなく、戦うべき相手は、がんという診断名に途
方にくれてしまう自分自身なのかも知れませんね。
他人に迷惑をかけないように強いしっかりした自分であり続けようとする
のをやめて、素直に自分の気持ちを認め、心を開いたら周りの人たちの
優しい思いに,今まで以上に感謝できるようになったのだそうです。
だからこその検査結果だったのかもしれません。

セラピューチックタッチや操体法は、病気を治すものでなく、自ら治そうと
するそもそも人間に備わった力を引き出すためのもの。
私ができるのはただそれだけ。

サロンで練習した深呼吸を続けるうちに、呼吸も楽になったと喜んでいた
だき、よかった。よかった。

がんであることは、他人から見たら不幸なことかも知れませんが、それで
も、だからこそ自分の身近な所にあるたくさんの幸せに感謝し生きている
今を大切に輝かせることができるのです。

生きるって素敵なことなんだなあってしみじみ思う今日でした。

 | HOME | 

プロフィール

えがお

Author:えがお
らくらく操体サロンえがおです。
体や心の痛みから解放され、心からの笑顔に変わっていく瞬間が大好きです。
そんな本当の笑顔に出会いたくて、サロンを始めました。
すべての人の中に、よい状態に戻ろうとする力があります。
それを独自のほんわか操体とEFTでお手伝いしています。  

カテゴリー

FC2カウンター

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。