らくらく操体サロン えがお

疲れているのは、体ですか?心ですか?腰痛・関節痛からうつや自律神経系失調症まで体と心のコリをほぐす仙台市にある操体法とEFTのサロンです。サロンの詳細はこちらのHPをご覧ください。【http://www.rakurakuegao.com/】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しあわせの居場所

最近よく考えることがあります。
それは、『幸せの居場所』

子供達がまだ小さかった頃は、狭いアパートに住んでいました。
経済的に決して満たされてはいませんでしたが、子供たちとた
くさんいろんなものを作ったりして、たくさん笑って過ごしていま
した。

子供が小学校に入学を期に、家を立てて引っ越しました。
広くて大きな日当たりのいい家。
子供が走って遊べる庭。

夢を手に入れたとき、大きなものを手放しました。
それは、家族と過ごすゆったりとした時間。

外での仕事が充実し忙しくなるほど、大切な家族との時間は少
なくなりました。
母親としての心のゆとりも。

物質的に満たされるのと反比例するように、心は幸せから離れ
て行く気がしました。
まあ単に貧乏性なのかもしれませんが・・・・。

『今』・・それはいつも追い立てられるような感覚の時間のこと。

母として、妻として、社会人として、どれもちゃんとこなそうと思え
ば思うほど、つのるジレンマ。

幸せは、過去に置き忘れてきたもの。
幸せは、いつか来るもの。

そう思うと溜息が出て来ました。

忙しすぎるから、
自分の時間の使い方が下手だから、
今を幸せと感じることができない理由をたくさん探していました。

そんな私は、不幸探しの名人だったのかも知れません。

『頑張る』ことが大切と教えられて育ち、『頑張る』ことしかできな
くて、『頑張る』ことに疲れた自分を認めたくなくて。

『頑張る』って肩に力を入れるのをやめて、今の自分自身を認め
始めたときやっと、見えてきた風景。

花が咲き、小鳥が歌い、雲が流れる。
そんなことにさえ今を感じる。
今ここにいる自分に感謝したり、小さな出来事に喜んだり。

忘れていました。

幸せはいつも今ここにあったのです

大切なのは、見過ごさず、感じとる心。

ささやかな感謝の気持ちの向こう側から、また幸せが引き寄せら
れてくるのかも知れないって思うようになりました。

日に新しく、日に日に新しく。

人はきっといつからでも変われる。

ちょっとした何かに「ありがとう」って心から思えるその時から。

「もしもあの時こうしていれば」・・・・なんて考えても過ぎてしまった
時間は変えられないのです。

「きっといつかは」と、これから起こることばかり考えて大切な今を
忘れてませんか?

今あなたの周りにいる人が、実はあなたにとってどんなにありがた
いか。

『幸せの居場所』はあなたがいる今いるその場所なのです。

そこにある意味を見つけ出すのは、私自身、そしてあなた自身です。












スポンサーサイト

うんが出る話

「お父さん最近便秘がひどくてさ。あんた、操体法で便がすっきり
だせないかね~。」
久しぶりに実家に帰った娘の私に、母は、そう言った。
「いでで~!!」
寝返るを打つのも大変そう。
認知症の父は、最近デイサービスに行く以外近所の散歩もしな
くなり、横になっていることが多くなった。
昔ながらの農家の広い家では、寝室からトイレまでがかなり遠い。
ゆっくり休みながら、腰を曲げてひとりでトイレに行くのだが間に
合わないことも少なくない。

仰向けに寝るのはつらいので、右を下にして楽に横になってもら
い、膝裏のコリをとりつつ気持ちよさを味わってもらっていると、
「ぐる~!ぐ~!」とおなかの動き出した音。

「気持ちいいなあ。楽だ。楽だ。」
「ぐ~。」
今度は大きな寝息。

一通り施術が終わるや否や、得意の「どっこいしょ。」という掛け声
もなしに立ち上がり、足もとの障害物をさらっとまたいで、すたすた
とトイレに向かった。
いつもと違う機敏なその様子に、母は「あらららら・・・・」
ぽかんとして見ていた。

転倒しないか心配で急いで後を追いかける私。

いつもは難産なのにとんでもない安産で「あ~楽になった!!」「すっ
きりしたな~。」と。

あんなに外出を嫌がっていたのに、買い物に「一緒に行くかなあ~」
とさっさと着替え、母より先に車に向かう父。

うんが出るヒーリング操体

足取りも軽い父の久しぶりの笑顔が、とってもうれしい!

認知症になる前の表情の父に、ちょっとだけまた会えました。

ありがとう。
おとうさん。


100点満点じゃなくていいんだよ!!

今日は成人の日。
新成人の皆さんおめでとうございます。

最近サロンのお客様の年代に関係なく親子関係に悩んでいらっしゃる
方が多くなりました。

母親はこうあるべきと一生懸命なお母さん。
お利口さんであり続けようとする子供たち。

でも完璧に100点満点であろうとするほど、お互いに自分らしさを見失って
しまうのかもしれません。
親子も夫婦も。

操体法の創始者である橋本敬三先生は、
『60点でいい。間に合うくらいでいい。』
と話されていたそうです。

これって、施術だけでなく、人間関係においてもそうなのかも知れません。
特に親子関係においては。

うまくいかないことも、苦手なことも全部が自分で、それでも『自分が好
き』って、100点でなくても自分を許せるから。
自分も、そして相手も許せるから。

こうあるべきって、思えば思うほど、自分を責め、周りもつらくなってお
互いの距離ができてしまうのです。
本当は、誰よりも大好きで、かけがえのない人なのに。

お互いとっても優しくって、とってもまじめで、とっても一生懸命な親子の
ジレンマ。

もう少しハードルを低く設定し、自分にも相手にも多くを望まなければ、
日々してもらった小さなことに感謝できます。
たくさんのありがとうが生まれてきます。

心の重~い鎧。
それは自分で作って、自分で着たものだったり、親から着せられたと思っ
ているものだったり。

一度それを脱ぎ棄てると、自分らしい本当の自分が見えてきます。
相手の本当のいいところも。

つい最近にになって私自身もそんなことがわかってきました。

成人・・・人に成る。
その一歩はまず自分を自分で認めることなのかも。

「頑張れ!新成人!」なんて言いません。
肩の力を少し抜いて、心からのえがおで、あなたらしい人生を楽しん
でください。
この不景気の真っただ中。
ピンチをチャンスに変えるのは、そんな今だからこそ楽しもうとする発
想の転換。

   60点でいいんだよ。
   間に合うくらいでいいんだよ。
   君のまんまでいいんだよ。
   君らしく笑えるくらいでいいんだよ。


そして心と体のおも~い鎧を脱ぎ捨てたくなったら、らくらく操体サロンに
いらしてください。


いい子供でること、いいおとなであること、いい妻であること、いい夫であ
ること、いい部下であり、いい上司であることに疲れたあなたの自分らし
い本当の笑顔を取り戻しに。

「心とからだが軽くなる」そんな不思議なサロンです。














天使の羽休め

あけましておめでとうございま~す。

今日の仙台の空はとってもきれいに晴れわたっています。

昨年はらくらく操体サロンえがおを3月にオープンし、たくさんの方との出会いがありました。
つまずきそうになりながらも、たくさんの方に支えられ、たくさん感謝させて頂いた素敵な年
でした。

[えがお]には、昨年6歳から90代の方まで、幅広い年齢の方にお越し頂きました。
女性のみならず、多くの男性の方にもいらして頂き、女性:男性が5:3くらいでした。
ファミリーでいらっしゃる方も多く、親子3代でいらして頂いたりと本当に感謝です。

涙が出ちゃうサロン
こんな風に書くとなんで、よっぽど痛いことをするのかなって不安になりそう。
でも違うんです。
例えば小さな子供が迷子になって、とっても不安な時に、お母さんが現れてホッとして思わず
泣き出してしまうみたいな。そんな感じの涙なのかな。

「ここに来ると、誰にも言えなかった言葉が出ちゃう。不思議だね。」
小学生のお子さんたちは、みんなそう話してくれます。
誰かに心の奥に出せずに封印しておいた言葉を話す(はなす)・・それはつらい思いを手放す
(はなす)・・・そして自分から痛みを離す(はなす)事につながります。

まるで天使が羽を休めているように、そして痛んだ羽に気付いて、自分で繕い、深呼吸したら
また元気に飛び立っていくような。
そんな場所にサロンがなってきています。

「お母さんに抱っこされている感じ」そう話してくださるのは、お子さんだけに限らず、すべての
世代のお客様。
私が実際に抱きしめているわけではないのですが、そんなあったかいものに包まれた中で、自
分を解放し、迷子になっていた自分を見つけ出します。
自分は、自分のままでいいんだって、愛されている自分、愛すべき自分に出会い、認め、感謝
し本当の自分になれる。
そんなサロンで今年も、その先もずっとあり続けたいと思います。

七歳のお客様が「ハッピ~ランド」ってキャッチコピーを[えがお]のために考えてくれました。
その子のおばあちゃま(膝の痛みと腰痛でいらしたお客様)がさらに「心が遊ぶ」と加えてくれま
した。
[心が遊ぶハッピ~ランド えがお

そんなふうにお客様思って頂けて本当に感謝です。

腰痛・肩コリ・頭痛・目の疲れ・手足のしびれ・産後の歪み・生理痛・五十肩・手足の冷えやしび
れ自律神経失調症・慢性疲労・便秘・猫背・X脚・なんとなくスッキリしないなどの症状のある方

仕事や家庭でのストレスがうまく発散できない方。
自分が嫌いになりそうな方。
一生懸命が空回りしてしまう方。

閑静な住宅街のサロンで、決して交通の便は良くありませんが、もしご縁がありましたら、天使の
羽を休めにいらしてください。

操体法による気持ちいい施術と、セラピューティックタッチによるヒーリングで、あなたの素敵な笑
顔を取り戻しましょう。

素敵な出会いを心からお待ちしております。
 
私のつたないブログを読んでくださっている皆さん、拍手やコメントを送ってくださった皆さん。
とっても嬉しかったです。
ありがとうございます。
今年も私の小さな成長を見守ってくださいね 


 






 | HOME | 

プロフィール

えがお

Author:えがお
らくらく操体サロンえがおです。
体や心の痛みから解放され、心からの笑顔に変わっていく瞬間が大好きです。
そんな本当の笑顔に出会いたくて、サロンを始めました。
すべての人の中に、よい状態に戻ろうとする力があります。
それを独自のほんわか操体とEFTでお手伝いしています。  

カテゴリー

FC2カウンター

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。