らくらく操体サロン えがお

疲れているのは、体ですか?心ですか?腰痛・関節痛からうつや自律神経系失調症まで体と心のコリをほぐす仙台市にある操体法とEFTのサロンです。サロンの詳細はこちらのHPをご覧ください。【http://www.rakurakuegao.com/】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

X脚と猫背のロッカー娘

「ったく!右膝いて~!いて~!」
そうぼやいているのは、何を隠そう数カ月ぶりに帰ってきた大学生のうちの娘。
帰ってくるなりこんな感じ。

「親に言ったら絶対反対されるから。」と両親には内緒で、高校からサッカーを始め
ました。
数か月後、膝の痛みが続き、こっそり整形外科に行きX脚と診断されたとのこと。
歩き方もかなりぎこちなくなっていました。
鎮痛、消炎剤などを服用してもなかなか痛みは、おさまらず、やっと「操体お願い。」
と。

それからしばらくは、膝の痛みもなく過ごしていたのですが、大学に入り、一人暮
らしを始め、坂の多い街並みを歩いているとまた痛み出すとのことで、帰省した時
にちょこっと操体をやっていました。
でも今回は、なんとなく鼻はぐずぐず、全身倦怠感もある様子。
しかもいつもより膝もかなり痛そう。
膝の高さ操体前
膝の高さ操体後
左膝の裏に3つ、右膝裏に2つ大きなコリがあり、それをちょっと触れると「ウォ~
!」
 と痛がり、体をねじって痛みから逃げて行き、「うん、これでいい。」と痛みの
ないところで動きを止め、気持ちよさを味わい、さらに足の裏の本人が気持ちいい
という箇所を軽く押すと「いいね~」と。

そんなことをしている間に、膝の裏のこりと、足の裏のこりがなくなり、股関節も楽に。
その時点で写真の下の方のように膝の高さの左右差がなくなりました。
両肩と、鼻のつまりがあったのでホッぺのあたりの操体をしている頃には、もうスヤス
ヤモード。
「どう?」と声をかけても「う・・・・ん。」と。

終了し、立ちあがって、ゆっくり歩き、
「うわ~!なんにもない。」
鼻詰まりも、肩や右膝の痛みさえスッキリし、苦痛が何にもなくなったことに感激。

「あれ~。猫背になろうとすると、変な感じ。背筋が伸びてる。足も前よりま
っすぐで、なんか長く見える。また身長が伸びたみたい。」
と。

しばらくしてパソコンに向かいながら、
「猫背になれない。背筋がピンとしてないと逆に苦痛。」と。

いつもは面倒がって、大きな痛みがなくなると「もういい」と、さっさと終わらせていた娘。
今回は、ゆ~ったりと操体。気持ちのよさを味わい、体の変化に「すごいね。」と。

先日帰る間際に、「またしばらく来れないから操体して。」と。

こうしてX脚で猫背だったロッカー娘は、姿勢のよく、モデルウォーキングで、故郷仙台を
後にしました。

その背中を見送りながら、「ほんと。大きくなったなあ。」と、しみじみ思う母なのでした。




     
スポンサーサイト

心のお散歩と自分探し

今日は、とっても不思議な世界のお話です。
娘に話したら、「ママ、大丈夫?」って。
きっとそれほど理解しがたい体験でした。

以前は、セラピューティックタッチといって体から5㎝位離れた所
に手をかざし、エネルギーの乱れや、滞り、欠損などが起こってい
る部分を、手から伝わる感覚だけで判断し、その乱れを整えてい
ました。

ところが、先日のクリスタルボウルの演奏会以来、その方のエネ
ルギーを色としても認識できるようになりました。
それは、本来セラピューティックタッチでは、その方がいいのです
が、やっとそこまで辿り着きました。

そして色の感じも日々洗練され。。。アナログ放送から地デジって
感じに来ました。
今日のお客様は、本当にはっきりときれいな色として感じることが
できました。

右腕が上がりにくい、便秘などの症状でいらっしゃった愛称ゴロち
ゃん。私よりもちょっと年上の方に対して失礼ながら、とってもチャ
ーミングな方で、ずっとおなかがゴロゴロなっていたので、やっぱ
りゴロちゃん。

『睡眠浴』という牧野じゅんさんのクリスタルボウルの演奏のCD
が流れる中、まずは、立った状態でセラピューティックタッチ。

あったか~い感じが肩から指先に向かって流れていき、気がつ
いたらおなかが(ゴロゴロ)。
エネルギーが流れたとたん、
「はいわかりました。直ちに活動開始します!!」
そんな風に勢いよく動き始めたお利口な腸。

次に、ベッドに横になって頂き、さらに調子よくなり続ける(ゴロゴロ)。

いつものように気持のいいほうに動いていただいていると、まず
オレンジ色が、あったか~い感じと一緒に私が支えている足か
ら手先に流れて行きました。

心地よいまどろみの中で、その色は次第に変化していく色。
あわ~いピンク水色。と・・・・、突然の黒、一面が怖くなるほど
真っ黒。そして凍るような灰色っぽい白に
まるで強い自己否定をしているような、冷たい感情の色。
言葉にしないのに、彼女と同じ色を共有し、同じようにふわっとま
どろんでいた突然起こった、いや~な感じの色の変化にあわてて
、「オレンジ色流しますね。」と。
そんな私の声にふと我に返り、「突然白くなってしまって・・・。」
「オレンジが入ってきて安心しました。」と。

心地よい感覚と音と色を楽しみ、心と体の気持ちいを味わって
いると、突然、ゴロちゃんのご両親の感情《もの凄い寂しさ≫が
胸に入ってきて、黒だんだん漆黒に。
次に、そのご両親やおねいさんに対して、悲しいくらい申し訳な
いと思う気持ち・・・そんな思いをさせた自分を責め凍るような灰
色ぽい白になったとのこと。

「よかったですね。」そんな私の一言に安心したと涙されるゴロ
ちゃん。

そして緑色。これは何度も色の合間に出てきていた色。
ゴロちゃんにとって帰るべきやすらぎの場所。
故郷、そしていまの家庭。
子供の頃、ご両親やおねいさんと楽しく笑っていた団らんの風景
、愛されていたという実感と、ご両親や、おねいさんへの大きな
感謝の思い。
輝くような黄色、金色のようでもあり・・・。その中に浮かぶ銀色の
輪。和?とっても高貴な幸せな感じを、私も一緒に味あわせてもら
いました。

終わった後、「私大きくなった気がします。」と。
体中がオーラを出して、ゴロちゃんは本当に、満たされ輝いて見え
ました。

ゴロちゃんをサロンまで連れてきてくれたおねいさんを見て、
「おねいちゃん、小さかったんだね。」と涙。
お二人で抱き合って涙されました。
おねいさんへの感謝、慈しみそんな思いでいっぱい!!

「今日は、心のお散歩にご一緒させてもらった感じですね。」と私。
「先生には、お散歩の案内人をしていただき安心でした。」と。

本当に私にとっても素敵な体験でした。

翌日た~くさんたまっていたものを腸からも心からも出したゴロちゃん。
寝る前に、ひとりで心の色のお散歩を楽しめるようになったそうです。
心地よいお散歩を楽しんでくださいね。
ゴロちゃんには、安らげる場所があるのですから。
本当に感謝ですね。

どっさりウンチで運気がアップ?!

突然ですが、うんちにまつわる私的に忘れられない言葉ベスト2

1位「あ~よかった。安心してうんちができる。」
これは私が、整形外科病棟の看護師だった頃、50代の男性の
寝たきりの患者さんからありがたくも??頂戴した言葉。
「美人な看護師だと、申し訳なくてがまんしてしまうんだな。」って
・・・。複雑な心境でしたが、「看護師たるものそう言っていただく
のは何よりありがたいことなのよ。」と、看護師長に励まされ、さら
に微妙な気持ちになりました。

2位「今日すごく大きいうんちがでたんです。」
これも、私がうら若き看護師だった頃、そっと耳打ちされた言葉。
便秘の患者さんならまだしも、私と同じ年頃の研修医から。
はっきり言ってそんな事知りたくもないのに。
「えっ?!」って思いっきり不快な顔をすると、「とっても嬉しかった
んだけど、君以外に話しても喜んでくれないと思って・・・。」と。
仕事以外でそんな話題で一緒に喜んでくれる人ってどんな人?
私っていったい・・・・・?
落ち込みました。

前置きが長くなりましたが、『えがお』に腰痛や、膝の痛み、捻挫
などなど様々な症状でいらしたお客様で、便秘気味、もしくは、し
つこい便秘の方が、翌日太くていいうんちがでて、久々にすっきり
したという報告をよく頂きます。
「一粒で2度おいしい」ってCMが昔ありましたが、『えがお』の操
体は、その日にスッキリ、翌日もまたスッキリで、「1回で2度スッ
キリ」です。
全身のバランスをリセットすると、腸だって元気になります。
今では「今日すごく大きいうんちがでたんです。」ってお知らせ頂く
ととっても嬉しいし、気持ちよさが内臓までしっかり通ったことに誇
りにさえ感じます。

先日アメリカ在住の方が、以前からぜひ操体法を受けたいと思っ
ていたとのことで、サロンにいらっしゃいました。
あちこち不調があり、まずはセラピューティックタッチを行うと、肩か
ら胸にかけてかなり熱い感じがしました。
それを流すと、胸のゴリゴリと触れていたものが消失し、さがってい
た右肩も左右方が同じ高さになりました。
それだけでもびっくりなさっていたのですが、次に、いよいよ操体法。
ベッドに横たわって頂くと、あれ??
なんと左右の足の大きさが1.2㎝も違っていました。
いつものように膝裏のこりをとって、再度見いてみると、すでに左右
差はなく、ご本人も私もびっくり!!
上がらなかった片方の手もす~っと上がるようになり、終了。

「えっ!!まさか」と自分を疑ってしまうほどのいろいろな変化に
ひたすら感動していただきました。

そして翌日「うんちがどっさり出ました!」と知らせて頂き、うれし
かったです。

まさにうんの出るヒ~リング操体です。


クリスタルボウルと操体法のコラボレーションにて

昨日『クリスタルボウルと操体法のコラボレーション』という素敵
な演奏会に行ってきました。

古民家で、操体法の師匠の今先生はじめ、操体法の仲間達と、
操体法のファンの方などで、牧野じゅんさんの演奏を聞きました。
クリスタルボウルの演奏を聞くのは2回目で、前回は聴くというよ
り、個人的にいろんな事を知りたくて参加しました。
実験テーマを2つ持って。


【実験その1 水晶が喜ぶ?】

8月に指の小さな盛り上がりが、腫瘍の疑いと診断された時、何気
なく使った水晶。翌朝傷がきれいになり盛り上がりも消えていまし
た。これはこのブログで以前書きましたが、その数日後なんとなくま
じまじとその水晶を見てりたら、ちょうど指の傷の形に赤く色が付い
ていました。シミというよりシールでも貼ったみたいに。どうやっても
取れないその痕跡。
サロンその水晶を持ってきてくれた方が、牧野さんのクリスタルボウ
ルの演奏を聴いて「水晶が喜ぶ演奏ですね。」って言っていたのを
思い出し、実際に生で演奏をその水晶に聞かせたら、何か変化
するのかも
なんてふと思いつきました。

牧野さんにその話をして、クリスタルボウルが並べられたちょうど真
ん中あたりに、それを置かせて頂きました。
突飛押しもない話に、快く協力してくださった牧野さん。本当にあり
がとうございます。

演奏会終了後、牧野さんと水晶をのぞいてみて・・・・。
変化なし。
「明日の朝には何か変わってたりして。」と。

そして今朝、赤い円形の跡は、オレンジ色と黄色に変わり、少し赤い
色が残っている感じ。
確かに喜んでいる感じの色かも。
不思議です。


【実験その2 クリスタルボウルの音とチャクラの関係】

クリスタルボウルの演奏は、疾患の治療効果もあり、病気によって使う
クリスタルの種類がちがうと、以前牧野さんが話していたので、もしかし
たらそれぞれのチャクラに関係しているのかもと。
最近自分で作った水晶の振り子を使って、大小、色も形も様々な演奏
用のクリスタルボウルをチェック!!
それぞれに振り子の触れ方も回転の速さも違うことを発見。
しかも演奏中、水晶の振り子の糸がちぎれるほど、時計回りに大きくそ
してとんでもなく速く回り、また途中で、ゆっくりと、終わりころには小さい
円になり、最後にはそのスピンも止まり演奏自体のエネルギーを感じま
した。

そしてもうひとつ、金色のきらきらした雪が降ってくる感じから赤みがか
ったピンク、白、いろんな色が目をつぶると浮かんできて音の花火のよ
うでした。

牧野さん自身、そんなチャクラの色を意識して演奏していたとのことで、
それぞれのチャクラに働きかけているのが実感としてわかりました。

そしてさらに・・・・。

やっとわかった!!

演奏会の後、参加していた方のほとんど全員に、セラピューティックタ
ッチをさせてもらいました。
今まで私は、体から5㎝ほど離れた所から、手をかざし、熱いところ、
チクチク、もや~、ずっしり、ひんやりなど人のエネルギーの変化を感じ,
それを流して来ました。
でもそれはあくまでも私の手の皮膚感覚だけのもので、その場所の変
化を色として感じることはありませんでした。
ところが、あの花火のような色彩の変化の演奏会の後、皮膚感覚とと
もに、色彩感覚としてその変化を捉える事が出来るようになっていまし
た。
早速感じた色と反対の色の音を、牧野さんに持ってきてもらいその方の
耳元でその音を奏でてもらいセラピューチックタッチをしてみました。
なんて贅沢な!
耳元で自分に必要なクリスタルボウルの音を奏でてもらい施術を受け
られるなんて!!
燃えるような体の熱い感じ、音が入った瞬間、風が吹いたよう感覚・・・
確かに体の中の滞っていたエネルギーが流れていくのを、いつも以上
に、お互いに感じられました。

今回は、操体法とのコラボでしたが、私の中では、心と体のリセットの
ためには気持ちいい感覚を体に通して体の歪みを整える操体法とセラ
ピューティックタッチは、切り離せないほど共通しているものがあります。
それは、その人の中にある力を最大限に引き出すことを目的
にしていること。


私がこれまでの経験と、この演奏会でさらに確信したこと。
【操体法】+【セラピューティックタッチ】=【治癒力の無限大の可能性】
の関係。
そしてクリスタルボウルの奏でるエネルギーが、さらに相乗効果をもたらす
こと。


明日からサロンで起こる様々な「まさか!!」の驚きの体験が、さらにパワ
ーアップしそうな予感です。

牧野さんはじめ、今回の演奏会の関係者の方、そして参加していた方々と
の出会いに感謝です。



















連動してるんだね。

あれは、2週間前のこと。
近所に住む友人のkさん(40代・主婦)がやってきました。
「なかなか右の足首の捻挫が治んなくてさ。もう随分たつのに
まだ少し腫れてるし、痛むんだよね。今日も湿布もなくなったし
、病院行ってこようと思ったんだけど、何時間も待って、湿布処
方してもらうだけなら、薬局で湿布買ったほうがいいよね。」と。

確かにkさんの右足首は少し腫れていました。
ちなみにkさん。頭痛、肩こり、胃の痛み、五十肩、腰痛がほと
んどいつもあり、猫背で、うつむき加減で、一見つまんなそうな
表情をしています。
子供の頃から精神的に弱かったという彼女。

足首の調整をして、「あ~楽になった。痛くなくなるもんだね~。」
と。
次に股関節の調整をして「あ~気持ちいい。こんなに足開いたこと
ないのに。へ~。かるいね~。足も腰も。背中まで楽。」
すっかり気持ちよさに浸っているkさんに起きて鏡の前に立っても
らうと、
「あれっ~!私じゃないみたい。なんか感じちがうね。」

そうkさんは、背筋がすっきりと伸び、目が生き生きとして、今まで
見たことがないくらいいい表情なのです。
本人もやっと気が付きました。
「そうか。猫背じゃなくなってるんだ。」

室内を歩いてもらうと「あれ?足がなんとなく、いつもと違う。」
そこで歩き方の練習。
今まで、まっすぐ先の方を見て歩くことがなかったというkさん。
モデルのように歩く姿は、まるで別人。

「あ~。目もスッキリしたし、前向いて胸張って歩くって気持ちいい
ね。」と。
捻挫で痛かったことは、もうすっかり忘れている様子。

そして今日、用事があってうちにいらしたkさん。

「前はさ、背筋伸ばすと苦しかったのに、あれからは、まっすぐじ
ゃないと逆に苦しくって。気がついたら、頭も痛くないし、肩も凝ら
ないし、胃も調子いいの。そうだ。腰も痛くないし。なんかさ歩い
てても遠くをみてるんだよね。今まで見てた景色と違う感じ。ほん
と背筋が伸びるっていいね。体ってさ、ほんとに連動してるんだね
。全体が調子よくなるもんなんだね。」
口調も声も表情も、ここ数年私が見てきたkさんと違い、とっても
はつらつとしていて、内面から光ってる感じ

連動しているのは、体の骨や筋肉や神経や臓器だけでなく、心と
体もなんだって、証明しているようなkさんのうれしい変化なのでし
た。

「いつも愚痴を言うのは私で、聞くのがうちの人の役目だっただけど
ここんとこ、その役目が逆になってさ、今じゃ、私がうちの人の愚痴
聞いてんだよね。まあ適当に聞き流してるけどさ。」って明るく笑うk
さん。

心も元気になる操体法、バンザイ!!です。

昨日の24時間テレビのエドはるみじゃないけど、人間いくつになっ
ても変われるものなんですね。

生き方、考え方までかわって、見た目も若返る操体法。
やっぱりすごい!!

 | HOME | 

プロフィール

えがお

Author:えがお
らくらく操体サロンえがおです。
体や心の痛みから解放され、心からの笑顔に変わっていく瞬間が大好きです。
そんな本当の笑顔に出会いたくて、サロンを始めました。
すべての人の中に、よい状態に戻ろうとする力があります。
それを独自のほんわか操体とEFTでお手伝いしています。  

カテゴリー

FC2カウンター

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。