らくらく操体サロン えがお

疲れているのは、体ですか?心ですか?腰痛・関節痛からうつや自律神経系失調症まで体と心のコリをほぐす仙台市にある操体法とEFTのサロンです。サロンの詳細はこちらのHPをご覧ください。【http://www.rakurakuegao.com/】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お引っ越し

「私は、仙台が大好きなんだけどな〜」
と、私。
「仙台は、寒い!」
と、仙台出身の夫。

ここ数年そんな会話を繰り返し、とうとう夫の退職とともに
11月に神奈川に引っ越すこととなりました。

いざ決まってみると、更に思うのは、サロンのこと。
たくさんのお客様との大切な出会いと感謝。
そして......ここでまだ続けていたいという思い。
大きなものをなくしてしまうような喪失感。

この気持ち。
前もこんなことが。
ふと思い出しました。

一人目の子供を妊娠し、流産しそうになったので、お腹の中
の小さな命を守るため、大好きだった看護師の仕事を辞めま
した。

そうする事に迷いはなく、それが必要だという事も頭では、
よくわかっているのに、なんだかんか無性に悲しくて涙が出
ました。

サロンの営業は、10月末までとなります。

引越しが決まってからは、以前よりさらに熱心に、お客様の
ライフスタイルと症状にあった簡単で、続けられそうな操法
をお伝えしています。
精一杯の感謝の思いを込めて。







スポンサーサイト

自分への質問

こんにちは。
昨日は、夜に『魔法の質問』のマツダミヒロさんのセミナーに参加し、
その後懇親会にも参加してきました。

「最後のひとり、どんな人に喜んでもらえるような仕事がしたいですか?」
そんな質問があり、一瞬考えてしまいました。
私の一番最後の仕事は、どんなお客様に笑顔になって頂けたら幸せなんだろ
うか?

そしたらふとわが子のターミナルケアで心も体もぼろぼろで、それでもがん
ばっている心に涙をいっぱいしまいこんだお母さん・・・そんなお客様。
そう思いました。

それは、私自身がそれを経験し、つらかったからなんだなあって、思いもよ
らない質問と、自分の答えに何となく意外な気がしました。

そして帰る道々考えました。
もしも自分の人生の最後の日が来たら、私は、誰を笑顔にさせることができ
たら幸せなんだろうと。

夫や子供たちの顔が浮かんできました。

その人達を、私は今日どれほど大切にできたのかなあ~?


笑顔にしたい相手が、そばにいること。
それって、とっても幸せなことなのかもしれませんね。





今を満足していきること

「もう、死に対する恐怖がなくなりました。
私は、今まで死んだらどうしようとか、失敗したらどうしようって
いつも何かにせかされて生きてきた気がします。
でもいつの間にか、気がついたら、今に満足して暮らせるように
なってました。
子供のことも、小さなことにいちいち苛立たず、余裕をもって受
け入れられるようになりました。
一日一日を、満足して生きるって、死への恐怖がなくなること
なんですね。
以前、『自分の心を追いこんでるのは、自分自身だ』って言われ
よく理解できなかったんですけど、今はその通りだったってよく
わかります。
ヒーリングって、自分で気づいて、内側から変わってくることな
んですね。」

私のサロンに今年の初めころから、1~2ヵ月に一回いらして
くださっているお客様が、先日そうおっしゃっていました。

彼女は別に自殺願望があって「死に対する恐怖がなくなった」
と言っているのでなく、それ自体が将来に対する漠然とした不
安や恐怖を象徴した言葉だったようです。

誰にだって多かれ少なかれ、将来への不安や恐怖はあります。
でもそこだけに心がむいていると、せっかく今を生きているのに
今この瞬間にしかない大切なことに気づかないでしまいます。

膝も腰も心も、もうすっかり本来あるべき彼女の姿に戻ったよう
です。
以前よりもず~っとパワーアップして。

なんだかとっても嬉しいです。
そんな素敵な人生のお手伝いに、ちょっぴり関わらせて頂けて。

 | HOME | 

プロフィール

えがお

Author:えがお
らくらく操体サロンえがおです。
体や心の痛みから解放され、心からの笑顔に変わっていく瞬間が大好きです。
そんな本当の笑顔に出会いたくて、サロンを始めました。
すべての人の中に、よい状態に戻ろうとする力があります。
それを独自のほんわか操体とEFTでお手伝いしています。  

カテゴリー

FC2カウンター

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。