らくらく操体サロン えがお

疲れているのは、体ですか?心ですか?腰痛・関節痛からうつや自律神経系失調症まで体と心のコリをほぐす仙台市にある操体法とEFTのサロンです。サロンの詳細はこちらのHPをご覧ください。【http://www.rakurakuegao.com/】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれてきてくれてありがとう

先日うちに帰って来た娘を駅まで送り、後ろ姿を見送りながら胸が痛みました。

実家から離れて、1人暮らしをはじめてもう4年目。
もう何度も見送っているのに、やっぱりそのたびに、心の奥で涙が流れます。

一緒にいれば素直になれないし、ついきついことを言って嫌がられながらも。

生まれたばかりの娘を、初めてこの手に抱いたとき思わず出てきて言葉。

「生まれてきてくれてありがとう。」

そして今でも、小さくなっていく娘の後姿を見送りながら思うのです。

生まれてきてくれてありがとう。

生きていてくれてありがとう。

たくさん、たくさん幸せになりますように。

自分を愛し、人を愛し、人に愛されますように。

心も体も健康でありますように。
スポンサーサイト

育てたようにしか育たない

『育てたようにしか育たない』

私にとって最もこわ~い言葉です。
長女は、病弱だったこともあり、私は、口うるさい母親でした。
言わなくていいような、きつ~い言葉を娘に言ってもきました。
・・・で、猛反省するんです。いつも。
(私だめな母親だな~。)って。
自分のこと以上に愛おしく思うあまり、ついつい。
でもその言葉は、しっかりと娘の心の傷になっています。

私は、小さい頃、母親によくバカだとか、美人じゃないとか日々
言われて育ってきました。
母親似の姉は、よくみんなから美人だと言われ、母もそれが自慢
でした。
私は、父親に似ていたので、母にはそれだけで気に障っていたよ
うです。

小学校に入って初めてのテストは算数でした。
テストを目の前にして私は、何も書けませんでした。
ずっと母の言葉を思い出して、鉛筆を動かせませんでした。
(私は、バカだからわかんない。)
まるで毎日母に言われる『ばか』って言葉の呪文にかかったみたい
でした。
結局はじめてのテストは0点で「やっぱりばかだったんだね~。」と
母と姉から言われ、そこから性格も消極的で、おとなしい子の私が
作られました。

やれば人並みにできるということに気がついたのは、中学に入って
から。
心の中はさておき、明るく積極的な性格になったのもそんな自分を
発見できたからでした。

実家は農家で、母は、朝早くから、夜遅くまで働いていました。
「働かざるもの食うべからず」
小学校5年生から、朝食と夕食は私が作り、夏休みは5時に起きて
野菜の出荷の準備をし、家中の掃除と広い庭の掃除をして、午前中
が終わるというのが、私にとっての当たり前の夏休み。
生きるって、休まず働き続けることだと思うと、人生ってつまんないも
んなんだなあって、母親の愚痴を聞きながら小学生の時からず~っと
思っていました。
幸せってなんのことなんだろうって。
父や祖父母やおばたちには、随分かわいがられていたので、不幸だ
とは感じてはいなかったのですが。

つい2年前まで、心からリラックスするという事ができませんでした。
のんびりすることへの罪悪感のようなものが子供のころから、捨てき
れずにいたから。

どんな言葉をかけられ育ったかということは、潜在意識に大きな影響
を長期にわたって与え続けます。

母親の言葉で傷ついたくせに、やっぱりわが子にきつい言葉をかけて
しまう私。
そのたびに自己嫌悪と、罪の重さを感じていました。

そんなだめ母の私が、今できることは、何?
娘に伝えられることは?

たくさん謝るより、たくさんありがとうを言おう。
「生きるのって、まんざらつらいことばっかりでなくって、楽しそうだね。」
そう娘に思ってもらえるよう、自分らしく人生を楽しもうって思うこの頃。

最近、母の部屋の掃除を手伝っていたら、小学校の頃の私の作文が、
母のタンスからたくさん出てきました。
「あんたの作文は、なんだかおもしろくって。じょうずだったからね。」
その作文を、声に出して読んで、母と大笑い。
じいちゃんがはげていることや、父と母の夫婦喧嘩の様子まで、面白お
かしく、子供らしい目線で書いていました。
大切にとってくれていた意外さ。
母の私へのその頃の思いに、やっと気がついた気がしました。
きっと母も、私のことを母なりに愛おしく思っていたのでしょう。

自分を許したり、自分を認めたりできるようになって、やっと幼少期から
の母の呪文から解放されました。









夢の先に

こんばんは。

臨月からサロンにいらしたお客様が無事出産し、もう2か月。
先日うれしいメールと動画が届きました。
まだ生後1か月の時にあったときもとってもはっきり、しっかりしていて
私をみてとってもいい顔でほほ笑んでくれていたのですが、もう話し始
めたと言うのです。
確かに送られてきた動画の中で「ぱぱ」とパパの方をみてにこにこして
そう言っています。
「まま」もおねいちゃんの名前も呼ぶとか。
すご~い!!

ちなみにうちの子は、生後5か月目からはっきりと話し始めました。
ゴロゴロと本棚の前まで行き「よんで!!」と言ったのが初めてです。
言葉の発達の早い赤ちゃんは、よっぽどのことがないと泣きません。
うちの場合は、生まれて1か月はよく泣きましたが、それ以降は、おなか
がすいても、おむつが汚れても、「う~。」とか表情や、もぞもぞの態度で
教えてくれていました。
その子も、ほとんど泣かないでそれを教えてくれるそうです。

11か月で、英単語のカードを読み、ひらがなとカタカナを読み、絵本を
見ているのでなく、読んでいる姿に、小児科の研修医が、
「そんなはずない。発達段階が違う。」と言いました。
目の前で起こっている現実より、教科書に書いてある発達段階のほうが
真実だったのでしょう。

でもこんな信じがたい発達は、遺伝ではなく、母親の関わり方に関係して
いるんです。

胎児から脳を育てるという意識を持つ母親の関わり方一つで、頭のいい、
感性豊かな子供が育っていきます。

日本における、最近の殺人事件の半数以上が、血縁関係者によるものと
いう悲しい時代。

母親が、そして社会が育てなくてはならないのは、感性豊かな、情のある
子供のような気がします。

偏った早期教育で頭のいい子育てるのに熱心なあまり、一番大切なことを
見失ってしまうことも。

明るい日本の未来を築くためには、まず母親になる女性たちが、安心して
心身ともにいい状態で妊娠時期を過ごし、楽しく子どもとともに自分も成長
して行くことが必要です。

心にゆとりを持って育てられるよう、EFTや操体法も使いながらトータルで
心身両面から、お母さんたちのサポートができればと思う今日この頃です。

はじめてのお約束 その2

こんばんは。
昨日のお話の続き、そして3月13日のブログの『はじめてのお約束』の
続きです。

今朝、臨月のきらりさんからメールがあり、無事予定通りの5日に3082
グラムで女の子を出産したとのこと。

出産予定日はおなかの赤ちゃんとお母さんとの初めてのお約束。
生まれてほしい日に、何グラムでどう生まれてほしいかを具体的におなか
の赤ちゃんに話しかけると、ちゃ~んとその通り生まれてくる不思議!!

ウソみたいなほんとの話。

きらりさんも5日に3000gで・・というお約束82gのおまけつきでかなったんで
すね。

生まれてすぐからおっぱいをグイグイ飲んですやすや眠っているという赤ちゃ
ん。

ほんとうにおめでとうございます。

はじめてのお約束

『出産予定日は、お母さんと子供の一番最初に交わすお約束。いつどんな状態で生まれてきてほしいかを、おなかの赤ちゃんに話しかけてください。』

今から20年以上前、第一子の妊娠6か月のころ、なんとなく興味があり、聴きに行った育児セミナーでその先生が話された言葉にびっくり!!

当時出産のため病院を辞めたものの、小児看護の中でも、周産期医療に興味があった私は、自分の妊娠、出産経験も、それからの看護に役立てようと、いろいろな本を読んでいました。
その中でも、常識的には信じられないが書いてあるその本の著者のセミナーを、妙に聴きたくなりました。

そして、嘘かほんとか確かめてみようと思いました。
『38週めに入ったらすぐに、2800グラムで、するっと元気に生まれてきてね。おしるしくらいじゃ気がつかないかも知れないから前期破水でね。』
毎日おなかの赤ちゃんに話しかけました。

そして38週目に入ってすぐ、お願いしていたその日に前期破水。2810gで、する~っと元気に長女が生まれて来ました。

いや~びっくりしました。

同じころ友人達も続々と出産しました。
私の体験したことを話し、まずやってみるよう話しました。
するとみんな思い通りに生まれたというのです。
・・・やっと信じることができました。


はじめは、不思議なことってあるもんだな~って思いました。
でも今にして思えば、しっかりとイメージして、それを言葉にしたことで、きっとそんな思い通りの未来が、イメージ通りに引き寄せられたのでしょう。

ちなみにあふれるほどの感謝の思いと、不思議だな~という体験を、わたしへのお土産に生まれてきた長女は、今も私に不思議だな~っていう体験と大切な気づきをたくさん運んで来てくれます。

妊娠中にしか味わえない、まだ見ぬ赤ちゃんとの会話。
今妊娠中の方は、ぜひふしぎだな~を体験してみてくださいね。



 | HOME |  »

プロフィール

えがお

Author:えがお
らくらく操体サロンえがおです。
体や心の痛みから解放され、心からの笑顔に変わっていく瞬間が大好きです。
そんな本当の笑顔に出会いたくて、サロンを始めました。
すべての人の中に、よい状態に戻ろうとする力があります。
それを独自のほんわか操体とEFTでお手伝いしています。  

カテゴリー

FC2カウンター

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。