らくらく操体サロン えがお

疲れているのは、体ですか?心ですか?腰痛・関節痛からうつや自律神経系失調症まで体と心のコリをほぐす仙台市にある操体法とEFTのサロンです。サロンの詳細はこちらのHPをご覧ください。【http://www.rakurakuegao.com/】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護・・泣いてもいいですか?

「先生、利用者さんが亡くなった時、介護者は泣いてもいいんですか?」

介護福祉士養成の専門学校の教員になって間もない時のこと。
担任しているクラスのホームルームの時間。
入学したばかりの女の子が、とっても真剣にそう私に問いかけました。

私は、子供が大好きだったので、看護学校を卒業したら小児病棟で働く
と決めていました。
それ以外の科で働くことは全く考えていなかったので、面接でもそう伝え、
小児病棟に就職しました。
でも・・・それが自分にとってつらいことなんだと、すぐに気がつきました。

どんなに小さな体で頑張っても、どんなにいい子にしていても、病気に勝
てないことだってあるんです。
つらいけど頑張って治療を受けて、それでも亡くなっていく子供たちを、見
送るたびに、仕事が終わって、一人の部屋に帰り、ただ泣きました。
食べる気にもなれず、数日間は泣きました。

病棟では何も知らない子供たちが、一生懸命病気と闘っています。
仕事中は何事もなかったように、また笑顔で働きました。
「○○チャンお家に帰ったの?」
無邪気にそう聞かれれば、
「そうだよ。はやくおうちに帰れてよかったね。」
そう話すのです。

誰かを思いやってつくウソ。
それはありだと思います。

そして・・亡くなった方を思い涙を流す。それも人間としてありだと思います。
ただし、プロとして冷静になすべきことを終えてから。
その時もそう話しました。

昨日は、介護の講座は、ターミナルケアについて。
涙を流し、鼻をかみながら講義を聴いてもらった後に、現在介護の現場で活
躍中の受講生さん全員にそれぞれのターミナルケアの思いを語ってもらいま
した。

それぞれの介護の現場での熱く温かい思いに、胸を打たれました。

今を大切に生きている向こう側に、大往生があります。
その方の人生のラストステージを、悔いのないものにして頂けるように、介護
者は、主役がその方らしくさらに輝けるような名脇役になれたら素敵ですね。




スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

えがお

Author:えがお
らくらく操体サロンえがおです。
体や心の痛みから解放され、心からの笑顔に変わっていく瞬間が大好きです。
そんな本当の笑顔に出会いたくて、サロンを始めました。
すべての人の中に、よい状態に戻ろうとする力があります。
それを独自のほんわか操体とEFTでお手伝いしています。  

カテゴリー

FC2カウンター

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。