らくらく操体サロン えがお

疲れているのは、体ですか?心ですか?腰痛・関節痛からうつや自律神経系失調症まで体と心のコリをほぐす仙台市にある操体法とEFTのサロンです。サロンの詳細はこちらのHPをご覧ください。【http://www.rakurakuegao.com/】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心からの感謝

10月26日を持ちまして、らくらく操体サロンえがおの仙台での
営業は、いったん終了いたしました。

開業してまもなくは、閑古鳥の鳴き声ってなんて静かなんだろう
って思いながらも、時間に余裕があったおかげで、自分に足りな
いものを、見つめ直すいいチャンスになりました。

お客様の反応や、頂戴した感想が、なにより、励みになり、学び
になりました。

治してあげたいなどと、思えば思うほど手に力が入り、施術の感覚
が鈍ること。
治そうなんて思う傲慢さを捨てて、お客様の心と体の声を感じとり
ながら、その方の本来ある治癒力が、発揮しやすいようにお手伝い
をすること。

人の体に秘められた力は、私が看護学校で学んだ西洋医学の常識
以上に、ずっとずっと大きいこと。

様々な症状の中に、その方の心模様があること。

引越しに向けて、サロンの片付けをしていたら、出てきた開業の日に
書いたカードが出てきました。

『ここにいらして頂いたすべてのお客様に、笑顔をお持ち帰り頂けま
すように。』

本当にありがたい事に、たくさんのお客様の笑顔に出会う事が出来ま
した。

そしてお客様の口コミが、仙台を越え、宮城を越え、東北を越え、たく
さんの新しいご縁を頂戴しました。

たくさんのお客様の笑顔に、私は、いつも支えられて来たんですね。

生きていれば、辛い日や、悲しい日、苦しい日、時には、泣きたい日も
あります。

それでも、私が、笑顔でいられたのは、日々出会うお客様から、生きる
喜びを頂いていたからなんだと実感しています。

神奈川県に引っ越して、しばらくしたらまたサロンを再開する予定です。
すでにそちらの方面のお客様からの予約のお問合せも頂戴しております
がしばらくお待ち下さいませ。

東北のお客様には、ご不便をおかけいたしますが、パワーアップしてまた
仙台に戻ってくるつもりです。
またお会いできる日を楽しみにしております。

ブログは、日々の思いを書き続けますので宜しくお願いします。

ありがとうございます。



スポンサーサイト

今年1年

明日で終わる2009年。

私の10年日記も、明日が最後です。
毎年元旦に『体重1か月3㎏減』と書き続けて、はや10年。

タンスに並ぶスーツは、いろいろなサイズのものがあるのに、
なぜかもう入るものがなくなってしまったことに、数日前に
気が付き、現実の恐ろしさを実感しました。
新しい10年日記には、来年だけ同じことを書いたら、次の
年から『維持する』を目標にしたいものです。
ほかの夢は叶っているのに・・・。

(ああ!!なぜご飯は、毎日とってもおいしいんでしょう!)

ところで10年日記を読んでいると、自分の考え方の癖が、客
観的によく解ります。

そんな中でも10年目の今年は、EFTで、自分が変わったと
実感できる1年でした。

人には、「まあいいじゃない」と許せるのに、なかなか自分に
「いいじゃない」って許すことができなかったのに、許せるよ
うになったこと。
楽しむことに対してどこか後ろめたさを感じていたのに、楽し
いことを、心から楽しいと思えるようになったこと。
ゆったりと自分の気持ちに向きあい、自分を大切だと思えるよ
うになったこと。
来年は50歳になるというのに・・。
やっとそんな事ができるようになりました。

落ち込んでいた家族を何とかしたいと思って興味を持ったEF
Tでしたが、知らず知らずのうちに、結局一番変化があったの
は自分自身でした。

またサロンのメニューの中にもEFTを入れるようになり、お
客様の問題の中に、自分を発見することが多くありました。

そうそう・・わかるわかる・・・その気持ち。みたいな。

そのせいかその方が、それをスッキリ手放した時、私まで、ち
ゃっかり気持ちのクリーニングをさせてもらったって感じがし
てました。

お客様おひとりおひとりとの出会いにも、大きな意味がありま
す。
出会いの中には、いつも学びと感謝があります。

来年3月で、えがおは3年目になります。
またたくさんの笑顔に出会えたら素敵だなあって思います。

今年1年、ありがとうございました。







親の介護・快互にありがとう!!

こんばんは。
まだ寒い2月。
先週末仙台は、朝から雪が積もり、朝からせっせと雪かきをしました。
なのに・・・やっと終わった時、雪は雨に変わりました。
なんだかがっかり・・・。
雪だるま、作りたかったな。

翌日、また朝から雪の降る仙台から熱海に行きました。
鮮やかに咲いた紅梅に、うぐいすが一羽戯れている情景に感動!!
「うぐいすってホントにうぐいす色なんだね。」
「ホント、うぐいす色だね。」
何せ、こんなまじかでうぐいすを見るのは初めてで、妙な会話の私たち夫婦。
まるで自分を一番美しく見せる場所を知っているような鶯の姿でした。

そして今週は、仕事をお休みして実家で過ごしました。
今まで仕事の忙しさにかこつけて、認知症の父の介護を母に任せきりにしてい
たので、数日泊まるのは、久しぶりです。

2年前、認知症と診断されて間もない父に「今何か嫌なことある?」と聞いたら
「みんなに、ボケてるって言われて、ボケ扱いされること。」とポツリ。
「お父さん、今何してる時が楽しいの?」
「う~ん。庭をここから眺めてるときかな~。」
そんなことを言っていた父。
認知症になっても温和なままの父。

若いころから趣味で集めていた庭石があちこちに置かれている、手入れの行き届
いた自慢の庭は、雪景色。
コタツで、ごろんと横たわり、今の障子越しに、庭を眺め、いつしか寝息を立ててい
る父のおなかの上で、猫が丸まってすやすやと。
今父は、きっと幸せなのかも知れないと、ふと思いました。
なぜって、そんな景色を見ている私は、とっても幸せ気分を父からもらえたから。

何を作っても聞けば、「おいしい」と答え、おいしそうに食べる父。
『親孝行したいときには、親はなし』って言うけど、親孝行ができるときに、親がいて
くれるありがたさを、しみじみと思いました。

そんな中、両親の部屋の掃除をしていたら、私の小学校の頃の作文が出て来ました。
薄茶色になった原稿用紙には『私のお父さん』という題で、日常の親子の会話が、あり
のままに書かれていました。
まるでタイムスリップしたような懐かしさ。
母と二人で読んで大笑い。

日頃の介護疲れで、あまり笑わなくなった母とも、たくさん話をし、たくさん笑いました。
笑っているうちに、母も、ほんの少し心にゆとりを取り戻したようでした。
介護がお互いに快い快互になるためには、お互い心にゆとりが必要なのかも。

笑いは心の栄養剤だなあって、つくづく思いました。

介護疲れの母に少しでも、心と体を休めて欲しくて、そして父の介護がしたくて帰った
実家で、一番癒されたのは、私だったのかも知れません。

ケアという言葉には(関わり合いを通してお互いに成長する)という意味もあるそうです
が、本当にそうなんですね。

実家の栗駒には、まだまだ春が来そうになかったけど、熱海で見たあのうぐいすと紅
梅の風景、父にも見せたかったな~。







しあわせのおすそ分けをありがとう

今日は、一日専門学校で介護の講義をしていました。
『緊急時の対応』や『ターミナルケア』について。
介護者は、人間ひとりひとりの人生のラストステージ
に立つことのできる数少ない出演者です。
その主役の方が、いかにその方らしくラストを飾るかは
周囲の方が、いかに名脇役に徹するかにもかかってき
ます。
介護者に、名脇役になってほしいという思いで、思わず
講義にも力が入ってしいます。

ちょっとお疲れモードに突入の休憩時間。
ふと見ると、教え子からメールが、届いてました。
『無事今朝女の子を出産しました』って。
かわいらしい写真も添えて。

実は今週になって「生まれました~」のメ~ルは、3人目。
専門学校で担任をしていた頃の教え子たちからです。
みんな、パパになったり、ママになった、とっても幸せなそ
の日に、メ~ルで報告をくれるなんて。
とっても嬉しいんです。
とってもありがたいんです。

送られてくる出産報告メ~ルを見るたびに思わず二~ッっ
て何とも言えず幸せな顔になってしまいます。
幸せウィルスが添付されてきた感じです。
『人の不幸は蜜の味』って意地悪な言葉がありますが、
あれって、大間違いだと思います。
むしろ『大切な人の幸せは、あま~いあま~い蜜の味』
ですよね。

とても優しい、あったかい心の教え子たちには、教えると
いうより、何かにぶつかるたびに一緒に成長させてもらっ
たという感じでした。

その後、職業人として自分なりに一生懸命頑張ってる様
子を、そこの職場の方から伺うと、わが子が褒められたよ
うに、というより自分が褒められた以上にうれしいものです。

卒業してずっと後になって、何かにつまづいた時、ふと学
生時代に、私が話していた言葉を思い出してくれて、訪ね
てきてくれたりメールくれたり。
たいていそんな日のちょっと前には、その子のことをふと
思い出して、どうしてるのかなあって思っていることが多く
(ああ来た。)って、ほっとしたりします。

結婚して、子供ができて・・・、辛いことやうれしいこと、幸
せなこといろんな事をひっくるめて、同じ時を同じ感情や
思い出を共有し、感動させてもらえるたくさんの教え子た
ちの存在に心から感謝です。

これから始まる大きな未来が、たくさんの美しい形容詞で
飾られますように。



 | HOME | 

プロフィール

えがお

Author:えがお
らくらく操体サロンえがおです。
体や心の痛みから解放され、心からの笑顔に変わっていく瞬間が大好きです。
そんな本当の笑顔に出会いたくて、サロンを始めました。
すべての人の中に、よい状態に戻ろうとする力があります。
それを独自のほんわか操体とEFTでお手伝いしています。  

カテゴリー

FC2カウンター

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。