らくらく操体サロン えがお

疲れているのは、体ですか?心ですか?腰痛・関節痛からうつや自律神経系失調症まで体と心のコリをほぐす仙台市にある操体法とEFTのサロンです。サロンの詳細はこちらのHPをご覧ください。【http://www.rakurakuegao.com/】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心に響く声にならない叫び

今日は、生きることの尊さを震えるほど感じて来ました。

私は原則的には、お客さんのご自宅に伺っての施術は、行っていません。
方向音痴だし、運転が苦手なので、ナビを使ってもたどり着く自信がないからです。

講義などの依頼も、送迎付きで受けることにしています。

そういうわけで、今日もお宅まで連れて行ってもらい、市内の28歳神経性ベーチェッ
ト病という難病の青年に会い行きました。

全身の筋力の低下で、手足も自分で動かす事ができません。
寝たきりで、気管切開をしています。
目は開いていますが、視線が合うことはないそうです。

「話してることは、わかってるようなんだよね。」とお母さん。

とってもイケメンのその青年T君に、挨拶すると、目はこちらに動き、口元にかすかに
ほほえみが。
それだけで、うれしくなりました。

T君に話しかけながら、足からゆっくりと操体を行い、胸が全体的に硬くなっているの
でゆるめていると、リラックスした表情だったT君の右目から涙が・・・。
ちょうど右側の枕元にいたお母さんがそれを発見。
「あら~。Tが涙流してる~。」と、驚きました。
涙は、あとからあとから流れて来ました。

そして、かた~くなった顎や、口元、ほっぺのあたりを、ゆるめている頃には、爪も唇
も、顔色も赤みがさしてきました。

施術後、別の部屋で、T君のお母さんの作ってくださったお昼もごちそうになりました。

そのうち訪問看護の方がいらしたので、T君に、帰りの挨拶に行き、声をかけました。
すると、とってもいい表情だったT君の口が、動き始め、顔を真っ赤にして必死に声にな
らない言葉を、こちらを見て伝えようとし始めました。

声は聞こえませんでしたが、必死の魂の叫びは、大きく私の胸にとどきました。

「僕は、こうして生きているよ。」
「僕は、ちゃんと聴こえているよ。」
「僕の心の目には、ちゃんと今が観えているよ。」

ただその叫びに、「そう。うん。わかったよ。」って何度もうなずきながら涙が出ました。

気がついたら、私の後ろで、そのT君と私のやり取りをじっとみていた看護師さんが泣いて
いました。

「こんなことってあるんだね。ちゃんと通じているんだね。」って。
「T君が話しているのをはじめてみました。」って。

どんなに難病でも、歩けなくても、話せなくても、でもT君は、彼なりのの人生の28歳を、
立派に生きています。

お母さんをはじめ、周りの方の愛情に応えるように。

また会いに行く日が、とても楽しみです。

今日の空は、きれいな水色でした。
今度また会いに行く日も、きっといい天気のような気がします。

ありがとう。T君。



スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

えがお

Author:えがお
らくらく操体サロンえがおです。
体や心の痛みから解放され、心からの笑顔に変わっていく瞬間が大好きです。
そんな本当の笑顔に出会いたくて、サロンを始めました。
すべての人の中に、よい状態に戻ろうとする力があります。
それを独自のほんわか操体とEFTでお手伝いしています。  

カテゴリー

FC2カウンター

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。